サラ金から訴えられた、取るべき一つの方法

サラ金から訴えられたら、落ち着いて取るべき一つの方法!

サラ金とは特殊な人だけが利用するサービスというイメージもありますが、実際はそんなことはありません。利用条件さえ満たしていれば、誰でも利用することが可能です。即日で融資がされる例も珍しくなく、その簡易さに驚くかもしれません。

ですが、利用は簡単でも返済はきちんと行わなくてはなりません。返済も手続きとしてはそんなに難しくなく、コンビニのATMからでも返済を受け付けている例も見られます。これらを利用して、返すべきお金はきちんと返していきましょう。そうしないと、何かと面倒なこともあるのです。

「サラ金」、「滞納」、「面倒」というキーワードが並ぶと、何らや物騒なイメージが頭に浮かんだ方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそういう話ではなく、もっと現実的なトラブルのお話です。サラ金も利用の仕方が悪いと、ときには利用者が業者から訴えられるということもあります。サラ金も商売でやっている一業者ですし、法的になんらやましいことをやっていない業者であれば、公的な場に出ることをためらう事情など何もないのです。公的な手続きにより、悪質な利用者から貸し付けたお金を回収できる見込みがあるのなら、業者側が利用者を訴えるというのは至極まっとうな話でしょう。サラ金はやましいことをしているという通説的なイメージに惑わされないように注意してください。

もし自分の利用の仕方がまずくて訴えられるということになれば、事態は少々込み入ってきます。サラ金の利用自体は簡単で、誰でもすぐに利用できるように整備されていますから、何げなく利用したのが訴訟に発展するという経緯に戸惑いを隠せない方もいらっしゃるかもしれませんね。予想外の展開についていけないという方もいらっしゃるでしょう。このような事態に陥ったら、どう立ち回るのがよいのでしょうか。

この点については、まずは頭を切り替える必要があるでしょう。話の出発点がサービスを提供している業者とそれを利用した顧客という構図であっただけに、まだどこかで自分をお客さんだと感じられる部分もあるかもしれませんが、話が訴訟にまで進んでしまっている状況においてもそのような構図を期待するのは現実的とは言えない部分があります。すでに業者側は顧客サービスなどを提供する相手として自分のことを見ていない可能性がありますから、自己責任でしっかりと対応を取っていく必要があると言えます。

裁判という状況において自分はお客さんではなく当事者の一人です。誰かが自分を接客して話を進めてくれるということはありません。自発的に対応を取ろうにも、裁判における立ち回りなどに心得がある方など少数派でしょう。自分が次に何をすべきなのか、まったく見えてこないという方はすでに自分の能力の範囲を超えている可能性が高く、他者の力を借りたほうが現実的と言えます。

裁判という場において力を借りるべき他者といえば、真っ先に浮かぶのは弁護士という専門家の力ではないでしょうか。訴える・訴えられるという状況において、自分一人の力でやるよりも弁護士の力を借りたほうが確実に事を進められます。特に訴えられるという状況に気が動転しているようなとき、なおさら弁護士の力を借りたほうが確実です。

弁護士は裁判という場が主戦場であるとともに、債務整理など借金方面の話も専門としている弁護士もいらっしゃいます。素直に力を借りられる弁護士を探し、経緯を相談して対応を決めるとよいでしょう。