メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故紛争処理センター(ADR)とは。示談交渉がうまくいかないとき活用する方法

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故紛争処理センターとは?

交通事故に遭ったとき、交渉がなかなか進まず紛争になってしまったら嫌ですよね。しかし、お互いの落としどころが見つからず、交渉が決裂してしまうことはよくあります。 そのようなときに利用できるのが、「交通事故紛争処理センター」という機関です。 交通事故紛争処理センターは、ADR(裁判外紛争解決手続Alternative Dispute Resolution)の1つです。 ADRとは、あっせん、仲裁、調停等、判決によらない紛争解決方法をいいます。ADRには、かかる費用や時間が少ない、非公開であるためプライバシーが守られる、手続きが簡便、当事者に寄り添った解決を図ることができるといったメリットがあるため、近年、選択されることが増えてきています。交通事故紛争処理センターでは、「和解あっせん」を行い、交通事故当事者の紛争を解決に導きます。

交通事故紛争処理センター(ADR)でできること

和解あっせん

和解あっせんとは、具体的にいえば和解案の提示です。 交通事故でよくいう「示談」とは、正式には、当事者双方が主張を譲り合い合意する「和解」をいいます。交通事故紛争処理センターでは、担当弁護士が当事者双方の意見を聞き、公正中立な和解案を提示して和解(示談)の成立を手助けします。

示談交渉とは | 示談の進め方を事故後の流れ別に解説

和解あっせんによる解決までの平均的な期日の回数は、物損事故ではおおよそ1~2回、人身事故ではおおよそ3~5回です。

審査

和解あっせんで提示された案で和解(示談)できないときは、交通事故紛争処理センターの上位機関である審査会に「審査」の請求ができます。審査では、法律の専門家である審査員からなる審査会が、事故内容等についての当事者の説明や主張を聞き取り、過去の類似の裁判例等を参考に、公正中立な立場から裁定を行います。裁定とは、審査会による解決方法についての決定をいいます。

弁護士の無料紹介

交通事故紛争処理センターには、全国各地で選任された、合計187名(2019年4月)の相談担当弁護士が委嘱されています。このうちの1名が、和解あっせんの際に相談担当弁護士として紹介されます。 交通事故紛争処理センターを利用するにあたり、弁護士費用等がかかることはありません。ただし、もし相談担当弁護士に相性の悪さや力量不足を感じても、和解あっせんの終了まで担当は変わりません。担当を変えてもう一度和解あっせんをしてもらうこともできませんし、何より、相談担当弁護士はあくまで公正中立の立場であっせんするのであり、被害者側に肩入れしてくれることはありません。 真の意味での味方が欲しいのであれば、弁護士に依頼しましょう。弁護士法人ALGの弁護士は、センターへの相談や和解あっせんの申し込み、審査請求、期日の立会い等の煩雑な手続きの代行をしたり、被害者の方に有利となるアドバイスを適宜したりする等、被害者の方に最善の結果をもたらすべく、心に寄り添った弁護をいたします。

交通事故の示談交渉についての無料相談

交通事故紛争処理センターはすべて無料で利用できますので、示談交渉についての無料相談をすることももちろんできます。 ただし、センターでは、示談交渉に至っていない段階での相談は受け付けていない点に注意が必要です。また、後述しますが、センターに相談することのできないケースも存在します。 弁護士法人ALGでは、事故直後からお困りの方のご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

示談成立までの流れと被害者がすべきこと

交通事故紛争処理センター(ADR)で『解決』するまでの流れ

交通事故紛争処理センターでの相談の流れは以下のとおりです。

➀和解あっせんの申込書提出

初めに、和解あっせんの申し込みを行います。 まず、センターへ電話し、日時を調整して相談予約の受付をします。電話後、利用申込書と利用規定が送付されるので、利用申込書を記入したうえで、相談当日にセンターに提出します。 交通事故証明書や事故発生状況報告書、保険会社等の賠償金提示明細書、各種診断書や領収書等の用意を指示されますので、当日までに用意しておきましょう。

➁初回相談

初回相談は、相談担当弁護士による、被害者個人の面接です。これまでの交渉経緯等に関する質問を受けます。 そして、被害者の方が引き続き和解あっせんを希望し、相談担当弁護士が必要性ありと判断した場合には、当事者双方の出席が必要となる和解あっせんが行われることになります。

➂相談担当弁護士による和解あっせん

和解あっせん手続きでは、相談担当弁護士が当事者双方から話を聞き、公正中立な立場で和解のためのあっせん案をまとめ、提示します。 おおよそ月に1回程度、1時間を目途にした和解あっせんを3~5回程度(物損事故の場合は1~2回程度)行います。

➃あっせん案合意

相談担当弁護士から提示されたあっせん案に従うという意思表示を双方がすれば、交通事故に関する紛争は解決します。 なお、相手方が保険会社である場合には、保険会社はあっせん案に拘束されるので、被害者の方が合意するだけで紛争は解決します。

あっせんが不合意になった場合は審査請求

あっせんが不合意になった場合に、審査を希望するときには、14日以内に審査請求を行います。請求が受理されると、相談担当弁護士が、センターの上位機関である審査会に対して審査期日までに、争点や当事者双方の主張の説明をします。 審査期日には、当事者双方の出席が必須です。そして、当事者は、争点や事故内容についての説明や主張を審査員に対して行い、審査会からの結論を示す裁定を待つことになります。

裁定

裁定とは、審査会が決定した解決方法をいいます。 審査会の裁定に対して、14日以内に同意又は不同意の回答を行わなければなりませんが、回答がない場合には不同意とみなされます。なお、不同意の場合には裁定の効果は発生しません。 また、当事者を代理する保険会社は裁定の内容に必ず拘束されるため、相手方が保険会社の場合であれば、裁定に同意すると内容どおりの和解が成立します。そして、裁定の内容に基づく示談書又は免責証書が作成され、それに従った保険会社からの支払いがなされます。そのため、相手方が保険会社の場合の被害者としては、審査請求は非常に使いやすい制度といえるでしょう。 ただし、裁判による判決とは違うので、交通事故の当事者が裁定の内容に拘束されることはありません。したがって、相手方が加害者本人である場合には、加害者が同意しなければ、裁定の効果は発生しません。

裁定でも決まらない場合は

裁定でも合意できない場合には、それ以上交通事故紛争処理センターの手続きで紛争の解決を図ることはできません。裁判によって、裁判所の判断に解決を委ねることになります。

弁護士が代理人になって申立てができる

交通事故紛争処理センターへの申し立ては、代理人となる弁護士が行うこともできます。 弁護士に依頼すれば、書類や資料の収集といった煩雑な作業から解放されますし、和解あっせんや審理の期日に立会う必要もなくなります。 ストレスレスで適正な賠償を受け取るためにも、ぜひ弁護士に依頼しましょう。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

交通事故争処理センター(ADR)を利用するメリット・デメリット

交通事故紛争処理センターを利用することのメリットを改めて整理するとともに、デメリットについても以下にまとめました。

メリット

申立費用が無料

交通事故紛争処理センターでは、事故ごとに専門担当弁護士制を採用しており、センターに申し立てることで、専門担当弁護士が無料で法律相談や和解のあっせん、審査手続き等を行ってくれます。こうした申立てにかかる費用はすべて無料です。 ただし、医療関係書類の取付け費用、センターまでの交通費(駐車場代含む)、資料作成費(コピー代等)、通信費(電話代等)等は自己負担となります。

期間が短い

裁判で判決を得るには1年近くはかかってしまうのに対し、交通事故紛争処理センターを利用する場合では、数回の来訪で解決することが多いです。センターの和解あっせんの場合、70%以上が3回の話し合いで、90%以上が5回までの話し合いで和解が成立します。センターへ来訪する頻度は月1回程度ですので、だいたい3ヶ月~半年で解決することができます。

公正中立な機関で信頼性が高い

交通事故紛争処理センターに所属する担当員や審査員は、皆、法の専門家ですから、正しく法が適用された公正中立な判断を期待することができます。

弁護士基準ベースの高額の賠償額が見込める

交通事故紛争処理センターで和解あっせんを行うのは、専門担当弁護士ですから、和解案は弁護士基準かつ適切な過失割合で計算されたものになります。つまり、相手方保険会社から、弁護士基準と比べ低額になる任意保険基準で計算した賠償額を提示されたり、不当に高い過失割合を主張されたりすることはありません。

デメリット

依頼できるケースが限られる

交通事故紛争処理センターは、利用できるケースが限られます。例えば、以下のようなケースでは利用できません。 ×自転車対歩行者の事故、自転車同士の事故
×自身が契約する保険会社との紛争
×申立人が治療中、後遺障害等級認定申請中(異議申立て中含む)等、示談交渉段階前
×既に他の機関で紛争解決手続中
また、基本的には利用できないものの、加害者の同意があれば利用できるケースもあります。 △加害者が任意保険に加入していない
△加害者が加入している任意保険(共済)の約款に被害者の直接請求権がない
△加害者が契約している任意自動車共済が、JA共済連、全労済、公協連、全自共及び日火連以外である

遅延損害金を請求できない

交通事故紛争処理センターの和解案や裁定案上の賠償金には、「遅延損害金」はつきません。 遅延損害金とは、支払いを遅延した場合に発生する損害賠償金のことで、利息と同じように年率を用いて計算されます。 これに対して、裁判上の賠償金には年5%の遅延損害金がつくので、その分賠償金が少なくなるおそれがあることには注意が必要です。

弁護士を変えることができない

交通事故紛争処理センターでは担当弁護士を選べません。ですから、たとえ弁護士との相性の悪さや力量不足等を感じても、手続き終了まで付き合わなければなりません。また、手続き終了後、担当弁護士を変更して再び初めから手続きを行うこともできません。 また、担当弁護士は、あくまで中立的な立場の第三者として、被害者と加害者の間をとりなすものですから、被害者個人の味方ではありません。公平な解決を目的としているため、被害者の方に寄り添った解決は期待できません。

何回も出向く必要がある

交通事故紛争処理センターの期日における手続きは、基本的に本人の出席が義務づけられています。しかし、センターは全国に11か所(東京本部、札幌支部、仙台支部、名古屋支部、大阪支部、広島支部、高松支部、福岡支部、さいたま相談室、金沢相談室、静岡相談室)しかなく、期日も平日昼間のみ、また、センターへの交通費も、期日のために休業した際の休業損害の請求も認められないため、センターでの手続きは被害者の方にとって負担の大きいものといえます。

交通事故紛争処理センターを利用するときも弁護士に依頼するメリット

交通事故紛争処理センターを利用することは、被害者の方にとって様々な利点がありますが、それ以上に大きな負担もあります。そこで、弁護士の出番です。 弁護士は、センターへの相談や和解あっせんの申し込み、審査請求、期日の立会い等の煩雑な手続きを代行する等、被害者の方のご負担を減らし、主張が少しでも多く通るよう尽力します。ぜひ、弁護士への依頼をご検討ください。

物損事故の場合にも交通事故紛争処理センター(ADR)は使えるのか?

物損事故の場合でも、交通事故紛争処理センターを利用できます。 物損事故は、人身事故と比べて事案が単純なことが多いので、おおよそ2回程度の和解あっせんで紛争が解決します。

交通事故紛争処理センター(ADR)以外の解決方法

交通事故紛争処理センター以外の紛争解決手続きとしては、
・示談交渉
・裁判所による裁判
があります。

示談交渉の進め方

裁判を起こすメリット・デメリット

示談交渉するにせよ、裁判を起こすにせよ、資料の収集や申立ての手続き等をする必要があり、被害者の方は多かれ少なかれご負担を強いられることになります。

こうした煩雑な処理を代行することができるのが弁護士です。ご心労を少しでも減らすための手段として、弁護士へのご依頼をご検討ください。

交通事故弁護士 TOPページへ

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

関連記事はこちら

交通事故 慰謝料休業補償とは|労災から支給を受ける方法休業損害について詳しく説明します交通事故の慰謝料を家族が請求する2つのケースについて交通事故で5ヶ月通院した場合の慰謝料と相場について同乗者の過失責任。慰謝料請求と過失による減額通院日数が少ない場合でも適正な慰謝料を請求できる?交通事故の慰謝料に不服があるとき、最終手段は『裁判』交通事故の治療費を請求する方法と治療費打ち切りへの対応通勤中・勤務中に交通事故に遭った場合の労災と慰謝料についてもらい事故の慰謝料治療費打ち切り後の通院、交通費は払ってもらえる?交通事故慰謝料の正しい相場一目でわかる!慰謝料相場の早見表子供が交通事故に遭った場合の慰謝料相場被害者請求ってなに?!最低限の賠償金は自分で確保できる | 交通事故 慰謝料第三者行為による傷病届のメリットと治療の継続について通院4ヶ月の慰謝料はどれくらい?慰謝料の支払い時期と振り込まれるまでの流れ自賠責限度額は120万!慰謝料計算方法と被害者請求保険会社の言うままに症状固定にすると慰謝料が減る可能性あり治療中に転院する方法と整骨院に転院したい場合の注意点妊婦が交通事故にあい、中絶・流産した場合の慰謝料交通事故の付き添い費も請求可能!認定要件と相場を解説有給休暇で休んだ場合の休業損害は支払われるか交通事故被害者が公務員だった場合の慰謝料とは症状固定|賠償額への大きな影響と後悔しないためのポイント交通事故の慰謝料が1日8400円のケース交通事故の慰謝料で1日4200円は最低提示額!増額の可能性ありバイク事故のケース別過失割合と慰謝料交通事故の被害時にパートだった場合の慰謝料と休業損害について交通事故で通院期間6ヶ月だった場合の慰謝料について弁護士基準の慰謝料比較と高額請求のポイント交通事故の通院費と請求方法慰謝料算定表でみる自賠責と弁護士基準の金額比較交通事故による精神的苦痛に対する慰謝料として認められているもの3つの算定基準と計算例 | 算定で使用する赤本・青本の違い慰謝料を損しないために示談で注意すべきこと弁護士への依頼で慰謝料が増額する理由 | 弁護士選びのポイント交通事故の慰謝料が少ない理由と適正な慰謝料を知る方法リハビリでの通院と慰謝料請求時の注意点交通事故の慰謝料を自分で計算できる?慰謝料の計算方法を分かりやすく解説します!交通事故の被害者が高齢者の場合の慰謝料について交通事故の慰謝料で歩行者に過失があった場合交通事故の治療費請求が認められない場合の注意点自転車で交通事故に遭った場合の慰謝料について交通事故に遭い通院することに…慰謝料への影響は?通院に関する疑問を解決!交通事故の被害者が中学生だった場合の慰謝料について交通事故で対車の被害に遭った場合の慰謝料について高校生の交通事故|慰謝料の特徴と裁判例交通事故の怪我で後遺症が残ってしまった場合の慰謝料について慰謝料がもらえるまでの期間と早く欲しい場合の注意点交通事故に学生が被害にあった場合の慰謝料について会社員だった場合の交通事故の慰謝料と休業損害整骨院の通院で慰謝料と治療費を請求するポイント