メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士名、スタッフを擁し()、東京、を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

交通事故の被害に遭って以来、吐き気に悩まされているという方は少なくありません。吐き気が長く続くと、食欲減退によって体力が低下したり、何事にもやる気が出なくなったりと、被害者に大きな苦痛をもたらします。 交通事故後の吐き気の原因となる傷病には、どのようなものがあるのでしょうか?また、吐き気が続く場合は、後遺障害として認めてもらえるのでしょうか?このページで詳しく解説していきます。

吐き気の原因は?交通事故後に吐き気が続く時にやるべきこと

吐き気とは、胃の中にあるものを吐き出したい(嘔吐したい)という切迫した不快感のことで、嘔気(おうき)や悪心(おしん)ともいいます。吐き気は、脳幹にある嘔吐中枢が刺激されることによって起こり、冷汗、顔面蒼白、めまい、唾液分泌、呼吸不整、脈拍変動、血圧変動、下痢といった自律神経症状を伴うことがあります。

吐き気や嘔吐は、嘔吐中枢に対する直接的な刺激によって起こる中枢性のものと、各臓器からの求心的な刺激によって起こる末梢性のものに分けられます。

中枢性の吐き気・嘔吐の原因として、脳出血、脳梗塞、頭蓋内血腫、内分泌・代謝異常、精神的要因等が挙げられます。一方、末梢性の吐き気・嘔吐の原因としては、消化器系疾患、心疾患、尿路系疾患、婦人科系疾患、内耳にあり平衡感覚をつかさどる前庭からの刺激(例:乗り物酔い、中耳炎、メニエール病、外リンパ瘻)等が挙げられます。 このように、吐き気の原因は多岐にわたり、吐き気は体の何らかの異常を示すサインであるといえます。交通事故後に吐き気が続く場合は、重篤な傷病が潜んでいる可能性があるため、まずはその原因を特定することが重要です。

早めに病院に行きましょう

吐き気の原因を特定するためには、早めの段階で病院を受診する必要があります。しかし、吐き気の症状に対して、どの診療科を受診すればいいものかと悩まれる方もいらっしゃるかと思います。 もし吐き気の他に、首周辺の痛みや手足のしびれ、握力低下等の症状があれば、むちうちが疑われるため、整形外科を受診しましょう。整形外科は交通事故で受傷した際に、ほとんどの方が最初に受診する診療科になります。 整形外科で異常がみられない場合や頭部外傷が疑われる場合は、神経内科を受診しましょう。神経内科は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科で、体の状態を総合的に判断します。検査の結果、脳出血等の異常があり、手術が必要であれば、脳神経外科に紹介されることになります。もっとも、重度の頭部外傷で救急搬送されるような場合は、直接脳神経外科を受診することになるでしょう。 その他に、耳鳴りや聞こえづらさ、めまいといった症状があれば耳鼻科、PTSD(心的外傷後ストレス障害)等の精神的要因があれば精神科を受診することになるかと思います。 とはいえ、上述のとおり吐き気の原因は様々であるため、診療科をご自身で判断するのは避けるべきです。まずは、最初に診てもらった医師に相談してください。

吐き気と関係のある後遺障害

吐き気の原因となる傷病の治療をして症状固定と診断されても、なお吐き気が続く場合は、その傷病による痛みといった神経症状等に付随する症状として、後遺障害等級に認定される可能性があります。

後遺障害等級は1級から14級まであり(介護を要する後遺障害の場合は1級または2級)、1級が最も重症になります。後遺障害等級に認定されると、その等級に応じた金額の後遺障害慰謝料を請求することができます。 以下で、吐き気の原因となる傷病のうち代表的なものと、その傷病で認定される可能性がある後遺障害等級および請求できる後遺障害慰謝料についてご説明します。

むちうち

むちうちは、交通事故で最も頻繁に発生する怪我であり、強い衝撃によって首や腰の筋肉・靭帯・神経等を損傷することで起こります。 吐き気の原因となるのは主に首のむちうちで、医学的には「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」といった診断名がつきます。吐き気の他に、首・肩・背中の痛みやつっぱり感、頭痛、首の可動域制限、手足のしびれ、握力低下、めまい、耳鳴りといった症状が現れます。 むちうちについて詳しく知りたい方は、下記のページを参照してください。

むちうちとは|症状と後遺障害等級認定のために知りたいこと

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)は、脳と脊髄の周りを満たしている髄液が、何らかの原因によって漏れ出ることで生じます。医師の間でもその症例について見解が一致していない複雑な疾患であり、最近では交通事故によるむちうちと強く関連しているともいわれています。 強い起立性頭痛(起立すると悪化する頭痛)が現れることが特徴的ですが、他に首の痛みや吐き気、めまい、耳鳴り、視力低下、握力低下、歩行障害、全身倦怠感、体温調節異常、集中力低下、気分の落ち込みといった様々な症状が現れます。 脳脊髄液減少症について詳しく知りたい方は、下記のページを参照してください。

脳脊髄液減少症の原因と慰謝料

むちうち・脳脊髄液減少症で請求できる慰謝料

むちうちや脳脊髄液減少症による後遺症は、神経症状として主に後遺障害等級12級13号または14級9号に認定される可能性があります。もし働くことができる仕事が限定されるほどに重症であれば、9級10号に認定されることもありますが、むちうちや脳脊髄液減少症による症状だけで認定されることはほとんどなく、脊髄損傷等を伴っているケースが多いです。 むちうちの場合、画像検査等による他覚所見があり、自覚症状を医学的に証明することができれば、12級に認定されます。他覚所見がなかったとしても、自覚症状の具体的な内容や事故後より症状が一貫して継続していること等を詳しく説明することができれば、14級に認定されます。 しかし、脳脊髄液減少症の場合、未だに明確で普遍的な診断基準が確立されていないため、後遺障害等級の認定を受けること自体がなかなか難しいというのが現状です。現在、認定の際に重視されているポイントとしては、起立性頭痛等の症状があること、事故直後より症状が発生したこと、低髄液圧や髄液漏出を医学的に証明できること、ブラッドパッチ治療によって頭痛が改善すること等が挙げられます。

後遺障害等級 認定の要件
9級10号 神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの
下表で、後遺障害等級9級・12級・14級に認定された場合に請求できる後遺障害慰謝料の相場をまとめました。 慰謝料を算出する際には、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準という3つの算定基準のうちのどれかを適用します。同じ後遺障害等級であっても、適用する基準によって後遺障害慰謝料の金額は変わってきます。 下表では、自賠責基準を適用した場合と弁護士基準を適用した場合を比較しています(任意保険基準については、保険会社によって基準が異なるため記載を省略しています)。これをみると、弁護士基準を適用した後遺障害慰謝料の方がずっと高額になっていることがわかります。

後遺障害等級 自賠責基準 弁護士基準
9級10号 245万円 690万円
12級13号 93万円 290万円
14級9号 32万円 110万円

頭部外傷

頭部外傷とは、交通事故や転落等によって頭部に強い外力が加わることで生じる、頭皮・頭蓋骨・脳の損傷をいいます。 頭部外傷は、円蓋部骨折・頭蓋底骨折といった「頭蓋骨骨折」、脳挫傷・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・脳内血腫といった「局所性脳損傷」、脳震とう・びまん性軸索損傷といった「びまん性脳損傷」に大きく分けることができます。 頭部外傷による損傷が脳にまで及ぶと、損傷箇所や程度によって、頭痛や吐き気の他、運動麻痺、感覚障害、言語障害といった様々な症状が現れます。そのため、認定される後遺障害等級も障害の内容によって様々に変わります。 頭部外傷により、頭痛や吐き気がある場合、外部からは大怪我をしていないように見えても、脳内出血等があると程度によっては死に至る危険もあります。事故直後から頭痛や吐き気があるようであれば、すぐに病院で検査をするように心がけてください。 頭部外傷に関連する後遺障害について詳しく知りたい方は、下記のページを参照してください。

脳震盪

脳出血

脳挫傷

頭蓋骨骨折

びまん性軸索損傷

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

吐き気が続く場合はご相談ください

交通事故後に吐き気が続く場合は、まず病院で原因を特定し、適切な治療を行う必要があります。治療後も後遺症が残るようであれば、後遺障害等級認定の申請を行うことになりますが、「吐き気がする」というだけで後遺障害等級の認定を受けるのは難しく、大抵の場合は、痛みといった神経症状等に付随する症状として認定されることになります。 吐き気の原因となる傷病は様々ですが、むちうちや脳脊髄液減少症等の場合、被害者の症状に見合った適切な後遺障害等級に認定されること自体が難しいため、弁護士に依頼することをお勧めします。交通事故案件を多く取り扱っていて、医療にも詳しい弁護士であれば、後遺障害等級認定に向けたサポートを行うことができます。また、弁護士に依頼をすると、弁護士基準で慰謝料が算出されるため、損害賠償金が増額することが期待できます。 交通事故後の吐き気の症状でお悩みでしたら、ぜひ一度弁護士に相談してみてください。

交通事故により吐き気の症状が残ったケースの裁判例

【名古屋地方裁判所 平成28年(ワ)第1898号 損害賠償請求事件】

<事故および後遺症の概要>

原告の運転する自動車が、信号待ちで停止していたところ、被告の運転する自動車に追突されました。原告は本件事故により受傷し、頚椎捻挫・低髄液圧症候群・腰背部挫傷・左肩挫傷といった診断を受けました。 原告には頚部痛・頚部のつっぱり感・頭痛・吐き気・耳鳴り・全身倦怠感といった症状が残り、自賠責保険に後遺障害等級認定の申請を行いましたが、後遺障害には該当しないと判断されました。

<主な争点>

  1. 原告が、本件事故により低髄液圧症候群を発症したか
  2. 本件事故による後遺障害の有無、程度等

<裁判所の判断>

まず、裁判所は争点①について、原告が起立性頭痛を初めて訴えたのは、本件事故から4ヶ月以上経過してからであったこと、MRI画像で髄液漏出を示唆する明らかな異常所見がみられないこと、ブラッドパッチ治療後に頭痛の著明な改善があったと認めるのは困難であること等から、原告が低髄液圧症候群を発症したとは認められないと判断しました。

しかし、争点②については、原告の自動車の損傷が激しく、本件事故が原告の身体に与えた衝撃は相当大きいものであったと推認できること、原告が事故後も一貫して頚部痛を訴え続けていること、症状固定後も勤務の程度によって頚部痛等の症状が悪化していること等から、原告に残存した頚部痛の症状は、後遺障害等級14級9号に該当すると判断しました。 以上より、原告には後遺障害慰謝料として110万円の請求が認められています。

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

関連記事はこちら

末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには腰椎圧迫骨折で残る可能性のある後遺障害破裂骨折してしまった時の後遺障害交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてCRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について交通事故による恥骨骨折と後遺障害について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり上半身の麻痺について運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?手首骨折の種類と認定される可能性のある後遺障害交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故によるむちうちで請求できる慰謝料と相場、計算方法交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害肋骨骨折の後遺障害と慰謝料バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料下半身麻痺の後遺障害等級と必要な検査椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係骨盤骨折の後遺障害と慰謝料について後遺症の種類と症状の一覧後遺障害診断書とは?医師が書いてくれない場合の対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について子供のむちうち|慰謝料と交通事故の対処法について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるものびまん性軸索損傷とは?早期のMRI検査が重要びまん性軸索損傷で請求できる慰謝料とは顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料鎖骨骨折による3つの後遺障害と慰謝料について高次脳機能障害で後遺障害9級認定の3つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害7級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害5級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット幼児が交通事故でむちうちになってしまったら複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったらむちうちの症状固定時期はいつ?慰謝料に大きな影響あり!脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について通院頻度に注意が必要、むちうちで3ヶ月通院した場合の慰謝料額交通事故の被害で妊娠中にむちうちになった場合の慰謝料についてむちうち治療に整形外科を使わないと損をする理由交通事故のむちうちで主婦が受け取れる慰謝料の相場と休業損害について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因について頭蓋骨骨折の後遺症と慰謝料の計算についてむちうちの症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは首が痛いのはむちうちかも?症状と関連する後遺障害等級認定について交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント