メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故で腎臓に後遺障害が残ったら

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故で腹部に強い衝撃を受けると、筋肉や脂肪に守られた内臓を損傷してしまうことがあります。内臓には生命維持活動に不可欠なものが多く、また、内臓の損傷は大事に至ることが多いです。特に、腎臓は、老廃物の排出作用等、生命維持において重要な役割を果たすため、損傷すると重篤な後遺症が残る可能性があります。 本記事では、交通事故による腎臓損傷で後遺症が残った場合に、どうしたら適正な賠償が受けられるのか、後遺障害等級認定に焦点を当てて説明します。

交通事故により腎臓を損傷したら

腎臓とは、泌尿器を構成する握りこぶし大の臓器で、腰のあたりに、左右対称に一つずつ存在します。血液を濾過し老廃物や塩分を尿として対外へ排出する一方、栄養分等の身体に必要なものは再吸収し、体内に留めてくれます。したがって、腎臓の能力が低下すると、老廃物等を体外に尿として排出することが困難になり、身体に蓄積した老廃物等が原因で尿毒症になります。 腎臓を損傷すると、出血性ショックや血尿、腎部の痛みと腫れ、あざ等の症状が現れることがあります。このうち、出血性ショックを起こした場合等には、適切な治療を施さないと死亡するおそれがあります。 腎臓の損傷が疑われる場合は、すぐに検査を受け、適切な治療を受けましょう。

検査と治療法

外傷による腎臓の損傷が疑われる場合、腹部の単純X線検査を行い、骨折の有無や消化管の異常の有無を確認します。そのうえで、経静脈性尿路造影(造影剤を静脈に注入し、尿路の状態や腎臓の形、排泄機能等について調べる検査)や超音波、CT画像検査等で、腎臓の損傷の程度や腹腔内の出血の程度等を調べ、治療方針を決定します。 腎臓損傷の治療は、ほとんどの場合で手術はせず、補液や止血剤を使用して絶対安静を保ち回復を待ちます。 しかし、出血性ショックを起こして回復しない場合は、開腹して腎臓の状態を直接確認し、縫合による止血や腎臓の摘出といった手術療法を行います。

交通事故による腎臓への影響

交通事故によって、背中側を道路に強く打ち付けたり、シートベルトで肋骨や脊椎等が圧迫されたりすることによって、腎臓を損傷することがあります。腎臓の損傷により、腎不全や遅発性高血圧等の合併症が引き起こされることもあるため、腎臓損傷が診断された場合には注意が必要です。 腎臓を損傷した場合、身体にどのような症状が出たり、影響を及ぼしたりするのでしょうか。以下、説明します。

腎臓損傷

腎臓の損傷の程度には4段階あり、挫傷(打撲や被膜下血種)、裂傷(亀裂)、破裂、腎茎部損傷の順に重度になります。 軽度の損傷では、上腹部や脇腹に痛みが生じあざができる程度ですが、重度の損傷になるにつれ、血尿や悪心、嘔吐等の症状がみられるようになります。また、腎髄質まで損傷が及ぶと、尿と血液が腎臓の外に漏れ出し、腎臓の疼痛や腹壁の硬化、圧痛といった腹膜炎の症状が強くなります。そして、腎臓の主な動静脈が切れる腎茎部損傷の場合には、腹腔内に大量出血し、死の危険もある出血性ショックに陥ることがあります。 このように、損傷の程度に応じて生じる症状は様々です。

腎臓摘出(亡失)

腎臓損傷の治療では、基本的に絶対安静を保つ保存療法を行いますが、保存療法では回復が望めない場合には、腎臓を摘出することがあります。 腎臓を片方摘出した場合、腎機能は低下しますが、残った腎臓が肥大して摘出した腎臓の働きを補えるようになることもあるため、人によって腎機能の低下の程度は様々です。 しかし、腎臓を両方摘出した場合、腎臓の機能が失われるため、人工透析を行う必要が出てきます。腎臓は、体内の老廃物等を尿として対外へ排泄する役割を担っているため、人工透析で腎臓の機能を代替しないと、尿毒症(老廃物が血液中に残存することで引き起こされる機能障害)等になってしまいます。腎機能の低下は、生命維持活動に大きな影響を及ぼします。

腎臓を損傷、摘出した場合に認定される可能性のある後遺障害等級

腎臓の損傷について後遺障害等級認定を行う際には、
・腎臓の亡失(1つでも失っていれば亡失といいます)
・糸球体濾過量(GFR)
の程度を評価します。

*GFR(糸球体濾過量)とは、1分間に糸球体で血液を濾過する量をいい、老廃物を尿へ排泄する腎臓の能力の程度を示す値となります。

GFR値
等級 腎臓を亡失した場合 腎臓がある場合
7級5号 31~50ml/分
9級11号 51~70ml/分 31~50ml/分
11級10号 71~90ml/分 51~70ml/分
13級11号 91ml/分 71~90ml/分

請求できる後遺障害慰謝料

交通事故による腎臓の後遺障害が認められる場合に認定され得る後遺障害等級と、等級別の後遺障害慰謝料についてまとめた表です。

等級 自賠責基準 弁護士基準
7級5号 409万円 1000万円
9級11号 245万円 690万円
11級10号 135万円 420万円
13級11号 57万円 180万円

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

腎臓を亡失した場合の慰謝料の計算例

腎臓を亡失するという後遺障害が残った場合に受け取ることのできる慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料です。 具体的にどのくらいの金額を受け取ることができるのか、実際に例を用いて計算してみたいと思います。 入院期間8ヶ月(240日)、通院期間278日、実通院日数232日、後遺障害等級9級11号の場合を例とします。

自賠責基準

入通院慰謝料

自賠責基準では、4200円に
①入通院期間または②(入院期間+実通院日数)×2
のいずれか小さい方をかけて、入通院慰謝料を算出します。

今回の例の場合、①518日 < ②472日×2なので、
「入通院慰謝料=4200円×518日=217万5600円」
となりそうですが、自賠責保険における傷害分の賠償金の上限額は120万円なので、最高でも120万円となります。

後遺障害慰謝料

自賠責基準では、後遺障害等級9級11号の後遺障害慰謝料を245万円と定めています。

総額

したがって、「慰謝料総額=120万円+245万円=365万円」 となります。

弁護士基準

入通院慰謝料

弁護士基準では、赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)に掲載されている、入通院慰謝料表によって、入通院慰謝料を算出します。 入通院慰謝料表には、別表Ⅰと別表Ⅱの2種類がありますが、他覚的所見がないような軽傷の場合を除き、通常は別表Ⅰを使います。 そこで、別表Ⅰの入院期間8ヶ月、通院期間278日の重なる部分を参照すると、入通院慰謝料は320万5000円(切捨)となります。

後遺障害慰謝料

弁護士基準では、後遺障害等級9級11号の後遺障害慰謝料を、690万円と定めています。

総額

よって、
「慰謝料総額=320万5000円+690万円=1010万5000円
となります。

医療問題に強い弁護士にご相談ください

腎臓損傷の後遺症について、腎臓の重要性とともに理解を深めていただけたでしょうか。 腎臓は、生命維持活動において大変重要な役割を果たす臓器ですから、交通事故で損傷してしまった場合には、適正な賠償を受けることが大切です。しかし、保険会社に言われるがまま示談に合意してしまっては、本来受けられるはずの賠償を受けられなくなってしまうおそれがあります。 適正な賠償を受けるためにも、ぜひ交渉のプロである弁護士にご依頼ください。特に医療問題に強い弁護士であれば、医学的知識が必要とされる後遺障害等級認定の申請についても適切に対処することができます。また、後遺障害診断書の作成のポイントや治療の受け方についてのアドバイスも可能なので、適切に後遺障害等級が認定される可能性が高まります。 腎臓損傷の後遺症でお悩みの方は、医療問題に強い弁護士への依頼をご検討ください。

交通事故で腎臓の後遺障害が認められた裁判例

最後に、交通事故による腎臓の後遺障害が認められた裁判例をご紹介します。

横浜地方裁判所川崎支部 平成28年5月31日判決

<事案の概要>

被告の運転する自家用普通貨物自動車が信号機のない交差点を左折したところ、横断歩道を歩行中の原告(当時3歳)に衝突し、左腎茎部損傷(左無機能腎)等の損傷を負った原告が、被告に対して損害賠償を請求した事案です。 左腎臓の機能喪失の後遺障害を負ったものの、残った右腎臓のみでも正常に腎機能が働いていること、食事制限や運動制限を行う必要がなく、生活上具体的な支障が生じていると見るべき根拠が乏しいことを理由に、逸失利益の有無が争われました。

<裁判所の判断>

逸失利益の有無について争う原告と被告それぞれの主張に対して、裁判所は、以下のように判断しました。

【原告の後遺障害について】

原告の左腎臓の機能喪失の後遺障害について、現時点における原告の右腎臓の機能は正常であり、一つの腎臓でも生体活動を維持していくうえでの機能は最低限あるとされ、現時点で食事制限、運動制限は不要と診断されています。
しかし、
①原告に残存する右腎臓の機能については、成長過程にある小児の腎機能として固定していないと考えられ、今後身体の成長とともに相対的に腎機能が低下してくる可能性が高いと思われると診断されていること ②原告の右腎臓の腎機能は予備力がない状態であり、この残存する腎臓の機能の推移には十分注意して定期的な医師の検査と診察を受ける必要があり、さらなる腎障害をきたす出来事があれば、通常は問題がないレベルであっても、食事や活動に制限がかかる障害へ進行する可能性は否定できないと診断されていること ③原告の場合、同年代の子供と比べて溶連菌に感染することが少なくないところ、溶連菌は感染すると急性腎炎を引き起こす可能性もあるとされていること といった事情を考慮すると、右腎臓が外傷や疾患により機能を喪失したときは腎機能が全廃し、人工透析か腎移植をせざるを得なくなり、場合によっては生命を失う危険性もあることから、原告の後遺症の程度は、残存する右腎臓の腎機能にできるだけ負担をかけないよう、生活上、就労上の配慮を必要不可欠とする程度であると考えられるとしました。

【逸失利益の有無について】

原告は、後遺障害のために、職業選択及び就労上、重労働や夜間労働をする職種を避ける必要がある等といった労働生活上の不利益を受けることになります。そのため、原告の労働活動に対する勤務評価に影響し、昇進、昇給や転職等に影響が及ぶおそれがあるとし、労働能力の喪失を認めました。具体的には、認定された後遺障害等級13級に応じた労働能力の喪失(9%程度)があるとし、後遺障害逸失利益として370万1249円を認めました。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害交通事故によるうつ病と後遺障害認定交通事故による脾臓損傷の後遺障害交通事故後の足のしびれと後遺障害交通事故で神経痛の後遺障害が残ることはあるのか交通事故による肋間神経痛と後遺障害後遺障害等級10級の症状と認定要件交通事故で足を切断した場合の後遺障害交通事故による下顎骨骨折と後遺障害交通事故による動揺関節と後遺障害自律神経失調症と後遺障害認定交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてCRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係後遺症の種類 | 部位別の症状一覧後遺障害診断書の作成と病院でもらえない時の対応後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるもの顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因についてむちうち(頚椎捻挫)の症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント