交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故による高次脳機能障害

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

高次脳機能障害とは?

交通事故によって脳に損傷を負った結果、言語・知覚・思考・行為・学習・記憶力・注意力・判断力等の認知機能に障害が生じた状態を、高次脳機能障害といいます。 外見上に大きな障害が認められないために、本人に自覚症状がない場合が多いです。その一方で、急に人格が変わり、感情のコントロールができなくなる等、日常生活における社会適合性に大きな支障を来している場合には、家族や周囲の人間が症状に気づき、高次脳機能障害であることが判明することも多くあります。

高次脳機能障害について詳しく見る

高次脳機能障害の症状

  • 会話がスムーズにできない(失語症)
  • 気が散りやすく、集中力が持続しない(注意障害)
  • 新しいものが覚えられず、古いものを思い出せない(記憶障害)
  • すぐに怒り、暴力をふるう(社会的行動障害)
  • 視界の片側だけ見落としてしまう(半側空間無視)
  • 指示がないと計画が実行できない(遂行機能障害)
  • ボタンをかける動作が難しくなった(失行症)
  • 人の顔が認識できなくなる(失認症)
  • 自分の障害をうまく認識できない(病識欠如)

以上に挙げた症状は一例であり、高次脳機能障害であると疑われる症状は多岐にわたります。また、症状の程度もそれぞれ異なるので、見落とさないようにする必要があります。少しでも交通事故前と違う様子が見られるようであれば、病院で診断を受け、適切なリハビリを受けましょう。

高次脳機能障害について詳しく見る

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

高次脳機能障害の原因

交通事故により脳に直接的または間接的に打撃が加わると、脳の神経組織が引きちぎれる等して損傷を受け、前項で述べたような症状が後遺症として残ることがあります。 詳しい原因については、下記をご確認ください。

外傷性脳損傷

外傷性脳損傷は、交通事故で頭部に外部から強い衝撃を受け、脳が傷ついたり、脳が血腫により圧迫されたりして生じ、その損傷部位によって、現れる症状が異なってきます。 頭蓋骨骨折、外傷性くも膜下出血、脳内出血等、画像で損傷が鮮明にわかるものもあれば、損傷個所について画像での判別が難しいものまであります。

頭蓋骨骨折

交通事故の衝撃により、脳を保護している頭蓋骨が骨折することで、骨折した骨の破片が脳に刺さる等して脳神経を傷つけることがあります。 比較的軽症といわれる線状骨折であれば、脳に影響がないこともありますが、比較的重症といわれる陥没骨折の場合には、脳挫傷を引き起こし、意識障害を伴うこともあります。

頭蓋骨骨折について詳しく見る

脳挫傷

交通事故により、頭部に強い衝撃を受け、脳内組織が砕けるように損傷し、脳細胞が死滅してしまった状態のことをいい、外傷性くも膜下出血を合併していることもあります。一度死滅した脳細胞が元に戻ることはないため、リハビリを継続しても、元の状態にまで回復できない場合や、回復までに相当の時間を要する場合もあるといわれています。頭蓋骨骨折や脳内出血を伴うこともあります。

脳挫傷について詳しく見る

外傷性くも膜下出血

外傷性くも膜下出血は、動脈瘤の破裂を原因とする通常のくも膜下出血とは異なります。交通事故により、頭部に強い衝撃を受け、脳の血管が損傷し、出血がくも膜と軟膜の間(くも膜下腔)に広がって、脳を圧迫している状態のことをいい、脳挫傷を合併していることもあります。出血の程度・範囲によって現れる症状は異なります。

脳出血(脳内出血)

交通事故により、頭部に強い衝撃を受け、脳の血管が破れて脳内に出血した状態のことをいいます。出血の程度・範囲によって現れる症状は異なり、症状が現れるまでに時間がかかることがあります。

脳出血について詳しく見る

びまん性軸索損傷

びまん性軸索損傷とは、脳全体が揺さぶられたり、回転性の衝撃が加わったりすることによって、脳の軸索部分が損傷・断裂することを指します。脳挫傷や脳内出血といった脳の局所的な部位が損傷したものと区別されており、CTやMRIに写らないのが特徴的です。交通事故により、意識の消失や不鮮明などの意識障害が発生した場合に注意すべきです。

脂肪塞栓による低酸素脳症

交通事故の外傷により、骨折によって骨髄内部の脂肪が血管に入ったり、脂肪(脂肪細胞)が血中に入り込んだりすることがあります。その結果、脂肪が血管を防いだり、流れを悪くしたりしてしまい、脳や臓器に十分に血液が循環しないようになり、脳に必要な酸素が供給されず、低酸素脳症を来すことがあります。

高次脳機能障害の後遺障害等級と慰謝料

高次脳機能障害の、後遺障害等級の認定においては、画像所見や意識障害について重視しており、それらや神経心理学的検査の結果、実際の症状の程度によって、第1級~第9級の等級が決まります。 交通事故当初のCTやMRI検査で脳挫傷や外傷性くも膜下出血等の疾患が認められたり、脳室拡大や脳萎縮等の異常が認められたりした場合には、高次脳機能障害が脳損傷によるものであることがわかります。また、交通事故直後の意識障害が6時間以上継続した場合にも、高次脳機能障害の症状が現れる可能性が高いとされています。 しかし、高次脳機能障害は自覚症状がないことが多く、画像所見で損傷部位を確認できないことも多い傾向にあり、後遺障害等級の認定は難しいといわれています。

請求できる慰謝料

等級 1級 2級 3級 5級 7級 9級
自賠責基準 1100万円 958万円 829万円 599万円 409万円 245万円
弁護士基準 2800万円 2370万円 1990万円 1400万円 1000万円 690万円

※ただし、介護が必要となった場合は増額されることがあります。

高次脳機能障害で後遺障害等級認定された場合の慰謝料の計算例

自賠責基準の計算例

  • 入通院慰謝料
    (入院240日+通院450日)×4200円=289万8000円
  • 後遺障害慰謝料
    829万円
  • 慰謝料合計
    1118万8000円

弁護士基準の計算例

  • 入通院慰謝料
    入院8ヶ月+通院15ヶ月=332万円 ※「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」の入通院慰謝料別表Ⅰ参照
  • 後遺障害慰謝料
    1990万円
  • 慰謝料合計
    2322万円

高次脳機能障害の後遺障害等級認定について

高次脳機能障害は、外見上に大きな障害が認められないため、自覚症状がなく、客観的にも症状の認識をしにくいことが特徴です。客観的に見てわかるほど、日常生活に支障を来すような重度な症状であると、画像所見で脳の損傷を確認できることもありますが、軽度な症状であると、画像所見で証明をすることが難しいことから、高次脳機能障害について専門的な知識がないと、高次脳機能障害であることを見落とされることや、発見が遅れてしまうことも少なくありません。したがって、高次脳機能障害での後遺障害等級認定は、非常に難しいといえるでしょう。

交通事故に遭った被害者が「おかしいな」と思ったら弁護士に相談

高次脳機能障害を負った方が適切な損害賠償金を獲得するには、交通事故、特に後遺障害等級認定についての知識や経験が必要であるとともに、高次脳機能障害についての医学的、専門的な知識も必要となり、それを兼ね備えた弁護士に相談する必要があります。 弁護士は、必要であれば医師と面談をしたり通院に付き添ったりする等して、ご本人やご家族の不安や疑問を解消し、後遺障害等級認定を受けるために必要な検査画像や診断書の内容について医師と交渉することもできます。また、日常生活状況報告の書き方等、ご家族に対するサポートもできます。 高次脳機能障害は、広く認知をされていない、とても複雑な障害です。ご本人に自覚症状がないことも多く、骨折等のように客観的に見てすぐにわかる症状でもないので、周囲の理解を得にくいこともあります。少しでも交通事故前と変わった様子が見られるようであれば、弁護士に相談されることをお勧めいたします。

高次脳機能障害の後遺障害等級を認定してもらうには

後遺障害等級の認定を受けるにあたって、申請をすることになりますが、高次脳機能障害の後遺障害等級認定では、医師が作成する診断書以外にも、ご家族が作成する「日常生活状況報告」の内容も重視しています。交通事故の前後で、交通事故当事者にどのような変化があったか、日常生活においてどのような支障を来しているのか等について知っているのは、医師ではなく、普段一緒に生活しているご家族だけだからです。 ご家族は日常的に、問題行動や生活状況の変化について、日付や具体的なエピソードを詳細に記録しておく必要があり、その記録を基に「日常生活状況報告」を作成します。医師の診断書と、「日常生活状況報告」に矛盾がなければ、それが後遺障害等級認定の根拠となるため、後遺障害等級認定には、ご家族のご協力が不可欠であるといえます。

高次脳機能障害が認められた裁判例

【東京地方裁判所 平成23年(ワ)第4985号 損害賠償請求事件】

(事案の概要)

被告が運転する自動車が、交差点手前の右折専用車線に誤って侵入したために、被告は直進車線に進路を変更しようとしたところ、当該直進車線を直進してきた原告が運転するバイクと衝突したという交通事故の事案です。バイクが転倒したことにより、原告は、頭部外傷、頭蓋骨骨折、脳挫傷、頸椎捻挫、全身打撲等の傷害を負い、損害を被ったとして、被告に賠償金の支払いを求めました。 本件提訴前の、事前認定による後遺障害等級の申請では、自賠責の算出機構は、記憶障害、集中力・注意力低下、遂行能力低下症状について、「頭部外傷後高次脳機能障害」等の傷病名が認められ、神経心理学的にも検査所見が認められても、本件交通事故との因果関係を認めるには至らないとし、ふらつき、めまいについてのみ、画像所見で神経系統の障害があることを認め、第12級13号に該当するとしていました。本件提訴後に、事前認定の結果に対して異議申し立てをしましたが、新たに提出した画像所見でも、重度の高次脳機能障害が生じたことを裏付けるには至らないとして、第12級13号に該当するとの判断を維持したことから、本事案では、原告の高次脳機能障害の有無や程度等について争われました。

(裁判所の判断)

裁判所は、原告の、本件交通事故の受傷直後における意識障害の程度が軽度で、その持続時間が短いものでありましたが、本件交通事故当初から記憶障害等の高次脳機能障害に特徴的な症状が現れていたこと、画像所見から脳が広範囲にわたって損傷を受けていること、神経心理学的検査の結果から原告の認知能力が標準を下回る水準にあることを認めました。それに加え、複数の医師が原告は高次脳機能障害であるとの見解を示していることを総合的に考慮した結果、原告には、典型的な症例でみられるほど明確な客観的所見は伴わなくても、本件交通事故による脳損傷を原因とした高次脳機能障害があると認めました。 また、原告の症状について、発語が緩慢で、同じやりとりを繰り返さないと意思疎通ができない、記憶力に障害があり、1人での帰宅や公共交通機関の利用ができない、怒りやすい一方で、物事に対する関心が薄い等の症状がみられることから、単独での就労がきわめて軽易な労務に制限される程度の後遺障害を負ったといえるため、後遺障害等級として第5級2号に相当するものとし、後遺障害慰謝料1400万円を含め、人身傷害についての損害賠償金9317万1627円を認めました。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付