交通事故弁護士

交通事故後からの首の痛みの原因と後遺障害

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交通事故の被害に遭い、首を痛めた場合、事故直後だけではなく、事故から時間が経過した後に痛みが出ることもあります。また、治療を受けたものの、首の痛みがなくならず、後遺症として残ってしまう可能性もあります。本記事では、交通事故後に「首の痛み」という症状が出る傷病と後遺障害(後遺障害等級が認定された後遺症)について、説明していきます。

交通事故後に首が痛い(首の痛みが続く)ときにやるべきこと

交通事故の衝撃により、重い頭を支えている首に大きな負担がかかり、首が痛くなることがあります。しかし、交通事故直後は興奮状態にあるため、痛みを感じにくくなっていることや、首の痛みは見た目ではわかりにくいこともあり、事故直後には症状に気付かず、事故から時間が経過した後に症状が分かることも多々あります。 首の痛みを軽くみてはいけません。交通事故で首が痛いと感じた場合には、まずは病院に行って治療を受けましょう。

病院で治療を受ける

首の痛みという症状が出た場合には、まずは病院(整形外科)に行って治療を受けることになりますが、治療の前にレントゲンやMRI撮影等の検査を受け、画像上で、骨折しているかどうか、明らかな神経根・脊髄の圧迫があるかどうか等を調べます。 検査結果により、その後の治療方法は異なってきますが、交通事故後に首の痛みという症状が出る代表的な傷病が、「むちうち」です。むちうちにより首の痛みという症状が出た場合、治療方法としては、痛み止めの服用・温熱療法・ブロック注射・コルセットの着用・電気療法・マッサージ等があります。なお、整骨院で施術を受けたい方もいらっしゃるかと思いますが、整骨院では病院で受けられる検査や治療は受けられません。後の損害賠償請求の際にトラブルになることを防ぐため、まずは必ず病院で診察を受けるようにしましょう。

弁護士ができること

高度な医学論争に対応 重度な後遺症が発生した場合に、事故と後遺症との因果関係や傷害内容と後遺症との因果関係などが問題になることが多く、医学的知識がなければ対応が困難です。保険会社はいつでも協力してもらえる医師(顧問医)がいるため、医学的知識で劣ってしまうと、適切な対応ができません。 脳や神経等が問題となる、重度な後遺障害が残った場合には、交通事故だけではなく医療問題にも精通している弁護士に相談すべきです。

治療や検査のアドバイス 治療方針や検査などの方針を決めるのは当然主治医の先生ですが、医師は治療をするのが仕事であり、治療後の後遺障害認定のことまでは考えてくださいません。後遺症が残ってしまい、後遺障害認定をするときに、「なぜこの検査がされていなかったのか?」「MRIを早期に取っていれば」等、検査結果がないことにより、適切な後遺障害認定されないこともあります。 交通事故を多数取り扱う弁護士は、多くの事例を見てきており、後遺障害認定を見据えたアドバイスが可能です。

後遺障害等級の申請・異議申し立て 後遺障害等級の認定申請をする上で、保険会社や医師に任せっきりでは適切な後遺障害認定がされない場合があります。 実際に弁護士がレントゲン写真や・CT・MRIを見て、医師と協議することにより、医師も気にしていなかった点を指摘することもあります。 適切な後遺障害認定をする場合、異議申立てをする場合は、医師と協議しより良い診断書を書いてもらうには、医療問題に強い弁護士に依頼するのが良いでしょう。

示談交渉 現在様々な弁護士事務所があり、交通事故の裁判をしたがらない弁護士も多くいます。重い後遺症を負った場合には、裁判になる可能性が高く、保険会社との示談交渉の際に、裁判をすることも辞さないかまえを見せる必要があります。 特に、重い後遺症を負った場合には、裁判で医学論争になることもあり、そのような場合に医療問題に精通していなければ、「裁判をしましょう」と迫力のある主張をするのが困難です。 重い後遺症を負った場合には、示談交渉においても医療問題に強い弁護士依頼すべきです。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

首の痛みが出る傷病と関係のある後遺障害

先に述べたとおり、首の痛みという症状が出る代表的な傷病は「むちうち」です。その他には、「頸椎骨折」や「頸髄損傷」等があります。また、むちうちの一種といわれる一方で、症状がむちうちに似ているだけで別の傷病であるともいわれる「脳脊髄液減少症」という傷病においても、症状として首の痛みがあります。 これらの傷病に対し、治療をしたものの首の痛みが残ってしまう、原状回復しない等により、後遺障害等級が認定される可能性があります。 上記で挙げた傷病のうち、「むちうち」と「脳脊髄液減少症」について、次項より説明していきます。

むちうち

交通事故によって負う傷病のうち、最も多いといわれているのが「むちうち」です。その症状の一つとして首の痛みがありますが、その他にも、肩や背中の痛み・耳鳴り・めまい・吐き気・頭痛といった症状が出ることがあります。なお、むちうちというのは症状の総称であり、病院では「頸椎捻挫」や「外傷性頸部症候群」等と診断されるので、ご自身の診断書をご確認ください。 むちうちは、画像で異常を見つけられない等、他覚所見がないことが多いため、後遺障害等級を認定されにくいといわれています。むちうちの詳しい内容と、後遺障害等級の詳しい内容については、下記の記事をご確認ください。

むちうちについて詳しく見る

請求できる後遺障害慰謝料 むちうちで後遺症が残った場合には、後遺障害慰謝料を請求できます。 認定された後遺障害等級によって、獲得できる後遺障害慰謝料が異なります。また、計算基準や過失割合など様々な要素により、獲得できる金額が異なります。

むちうちで認定される可能性のある後遺障害等級と認定基準

脳脊髄液減少症

首の痛みの他、耳鳴り・めまい・吐き気といった、むちうちと似た症状がある場合、「脳脊髄液減少症」の可能性があります。 脳髄液減少症とは、脳と脊髄を覆う硬膜という膜が損傷し、膜の中にある髄液が漏れ出すことにより、上記の症状がでます。 特に、起き上がったとき・立ち上がったときのめまいが生じるのが脳髄液減少症の特徴的な症状です。

脳脊髄液減少症について詳しく見る

首の痛みと交通事故の因果関係が認められた裁判例

神戸地方裁判所 平成20年(ワ)第1528号 損害賠償請求事件

この事案の交通事故態様は、信号機による交通整理の行われていない交差点において、直進していた自転車と、交差する道路を直進していた自動車が、出会い頭に衝突してしまったというものでした。この交通事故により、被害者である自転車の運転者は、頭部挫傷や両手挫傷、頸部捻挫等の傷害を負いました。さらに、被害者は、事故の1ヶ月後、強い後頸部痛(首の後ろの痛み)や頭痛、耳鳴り等の症状に悩まされるようになり、治療を行ったものの、後頸部のだるさやめまい、耳鳴り等の後遺症が残ってしまいました。 この裁判では、事故によって被害者が負った傷害の内容、後遺障害の有無と程度等が争点になりました。 加害者側は、「事故の1ヶ月後以降に現れた症状は、事故が原因であるということはできない」旨を主張しました。 この主張に対し、裁判所は、「事故前に、頸部痛やめまい、耳鳴り等の症状はなく、健康な状態であったこと」、「事故後においても、これらの症状を生じさせるような疾病や事故等の事情はうかがわれないこと」、「頸椎捻挫という傷害を負った後に、多彩な症状を長期間にわたって訴える人が存在すること」、「事故後に、整形外科において、頭部挫傷や両手挫傷、頸部捻挫等の診断を受け、頸椎カラー(頸椎を固定する装具)等の治療を受けたこと」等を認めたうえで、「頸部捻挫の直接的な痛みが治まっていくなかで、1ヶ月後に強まった諸症状を“それまで何もなかった”と被害者自身が感じたとしても不自然であるとまではいえない」としました。そして、「事故の1ヶ月後から現れた諸症状は、被害者が事故により負った頸部捻挫等の傷害により生じたものであり、事故と相当因果関係があるということができる」と判断し、「後遺障害等級14級に相当する」と認めました。

交通事故後に首が痛いと思ったら、すぐに病院へ

交通事故で首に傷害を負うことはよくあります。また、事故直後からではなく、時間がある程度経過した後に首に痛みが生じることがあります。 治療をしても後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益といった後遺障害に係る損害賠償金を受け取るために、後遺障害等級認定を受ける必要があります。 しかし、首の痛みという症状は、事故から時間が経過した後に生じることもあり、事故との因果関係を疑われるなど簡単なものではありません。また、他覚所見がない場合も多いため、後遺障害等級を認定してもらえない可能性もあります。 弁護士に相談することで、後遺障害等級認定において重要な、通院頻度や治療の受け方、後遺障害診断書の内容等について、アドバイスをしてもらうことができます。さらに、後遺障害等級認定の申請を代わりに行ってもらい、事故との因果関係を立証する資料の収集等を代わりに行ってもらえることにより、適切な後遺障害等級認定を受けられる可能性が高まります。 交通事故後に首に痛みが生じた場合には、速やかに病院に通院し、弁護士にも相談した方が良いでしょう。なかでも、交通事故に強く、そして医療に強い弁護士を選んでいただくことをおすすめします。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付