交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故後、耳鳴りを発症した場合の慰謝料と後遺障害について

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交通事故による難聴は後遺障害になるのか

交通事故に遭ってから耳が聞こえづらくなったという方は、事故が原因で難聴を発症している可能性があります。難聴が後遺症として残ってしまった場合、後遺障害等級の申請をすれば、等級認定を受けることができます。 後遺障害等級を取得できれば、加害者に後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益を請求することが可能です。難聴になってしまうと将来にわたって日常生活で大きな不便を強いられてしまうため、その精神的苦痛に見合った慰謝料や、後遺障害がなければ得られるはずであった収入分の逸失利益をきちんと請求することが大切です。

難聴で認定される可能性のある後遺障害等級と認定基準

それでは、実際に難聴で後遺障害等級の申請をした場合、何級を取得できるのでしょうか。認定される可能性のある後遺障害等級とそれぞれの等級の認定基準を、以下に記載したので参考にしてください。

  • 4級3号:両耳の聴力を全く失ったもの
  • 6級3号:両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 6級4号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 7級2号:両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 7級3号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 9級7号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 9級8号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 9級9号:1耳の聴力を全く失ったもの
  • 10級5号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 10級6号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 11級5号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 11級6号:1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 14級3号:1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

交通事故による難聴の原因

交通事故による難聴の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。考えられる症状等について、以下で解説します。

内耳振盪(しんとう)症

内耳とは耳の最も奥にある部分で、音の振動を電気信号に変えて神経や脳に伝えています。内耳はリンパ液という液体で満たされているのですが、強い衝撃でこのリンパ液が振動すると、難聴等を発症することがあります。これを内耳振盪症といい、交通事故による難聴の原因のほとんどを占めます。

骨折(側頭部)

頭蓋骨の側頭部は、ちょうど両耳の周辺に位置しているため、側頭部を骨折することで耳の各器官も損傷し、難聴やめまい等を引き起こすことがあります。

外リンパ瘻(ろう)

何らかの原因で内耳と中耳(鼓膜から内耳までの部分)の間に穴ができてしまい、内耳にあったリンパ液が中耳に漏れてしまう状態をいいます。難聴や耳鳴り、めまい、嘔吐、頭痛等を引き起こします。

むちうち

むちうちで首を痛めたことから、まれに難聴や耳鳴り等の症状が現れることがあります。ただし、交通事故からしばらく経ってから発症するケースが多いため、事故とは関係のないものと思って見逃してしまいがちです。大抵の場合は軽症ですが、改善までに2ヶ月以上かかるようです。

難聴の後遺障害等級認定のポイント

後遺障害等級の申請をするためには、難聴の治療をして、症状が固定(これ以上治療をしても改善が見込めない状態になること)してから、検査をしなければなりません。必要な検査は純音聴力検査と語音聴力検査の2種類で、これらの結果を基礎として等級が認定されます。

純音聴力検査(オージオメーター・オージオグラム)

聴力検査のうち最も一般的なものです。防音室でヘッドフォンを装着し、オージオメーターという機械から発せられる125Hz(ヘルツ)から8000Hzまでの7種類の高さの音を聞き取ります。それぞれの音の高さごとに音の大きさを変えて、聞こえる最も小さな音を調べ、その結果をオージオグラム(聴力図)に記入します。このとき、空気を伝わってくる音を耳から聞く「気導聴力」と骨から伝わってくる音を聞く「骨導聴力」の両方を測定します。検査は日を変えて3回行い、2回目と3回目の数値の平均より「平均純音聴力レベル」を算出します。

語音聴力検査

日常会話で使われる言葉を、どの程度聞き取れるか調べるための検査です。ヘッドフォンからランダムに流れる「ア・コ・ニ・タ…」といった語音や「1・6・7・2…」といった1桁の数字を聞き取り、用紙に記入します。被験者の様子をみながら流れる音声の大きさを変化させ、どのくらい聞き取れたか正解率を出します。この検査でわかる「言葉を聞き取る能力」のことを「語音明瞭度」といいます。

検査結果と後遺障害等級

純音聴力検査および語音聴力検査の結果と後遺障害等級の関係は、以下の表のとおりです。これらの表から、後遺障害等級を取得するには、平均純音聴力レベルは40dB(デシベル)以上、最高明瞭度は70%以下である必要があるということがわかります。

純音聴力検査および語音聴力検査の結果と後遺障害等級の関係

純音聴力検査および語音聴力検査の結果と後遺障害等級の関係

交通事故による難聴の後遺障害が認められた解決事例

最後に、難聴が後遺障害として認められた裁判例を紹介します(大阪地方裁判所 平成26年(ワ)第12254号 損害賠償請求事件)。 原動機付自転車に乗っていた原告(女性)は、被告が運転する自動車に接触後、転倒し、救急搬送されました。その後、原告は治療やリハビリを行ったものの、「頭部外傷後遺症、高次脳機能障害、右上肢・下肢の運動障害、歩行障害、右顔面神経麻痺、右感音難聴」といった後遺障害が残りました。 そこで、損害保険料率算出機構は、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きにおいて、原告の後遺障害は後遺障害等級併合2級に該当すると判断しました。その内訳は、以下のとおりです。

  • 高次脳機能障害:後遺障害等級3級3号
    (右上肢・下肢の運動障害、歩行障害等も含めて総合的に評価。)
  • 右顔面神経麻痺に伴う口のゆがみ等:後遺障害等級12級14号
  • 頭部外傷後の右難聴:後遺障害等級14級3号
    (1耳の平均純音聴力レベルが40 dB以上70dB未満のものと認められました。)

以上の事実を受け、裁判所は後遺障害逸失利益として3853万6870円、後遺障害慰謝料として2100万円の請求を認めました。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付