メール相談受付 0066-9735-9030 24時間受付・年中無休・通話無料

交通事故で最も多いのは「むち打ち」。その原因と症状、慰謝料の解説

後遺障害

むち打ちとは?

交通事故による「むち打ち」は、正式な傷病名ではなく、頸椎捻挫、外傷性頸部症候群等と診断される症状のことをいいます。自動車に乗車中、後ろから急に追突されたり、急停車したりして、重い頭部が前後に揺さぶられることにより首に不自然な力が加わり、鞭がしなるように首が動くことから「むち打ち」とよばれています。身構えていない状態で起こるので、軽微な交通事故でもむち打ちとなる可能性は十分にあります。 むち打ちは、症状が重くなると、脊髄損傷による排泄・五感への支障、高次脳機能障害が生じることもありますが、多くの場合レントゲン等で他覚所見的に証明することが難しく、自覚症状の訴えのみとなるため、他の怪我に比べて軽症ととらえられてしまう傾向にあります。

むち打ちの症状

人体には、頭部から背骨に沿って極めて重要な神経の束が通っています。むち打ちになるとそれらの神経が傷ついている可能性があり、首や肩、腕の痛みや凝りのみならず、頭痛、吐き気、耳鳴り、めまい、だるさ、食欲不振、手先の痺れ等といった症状が現れることもあります。 交通事故の直後は、興奮状態に陥っており、痛みを感じる感覚が麻痺している場合があります。そのため、時間が経過してから痛み等の症状を自覚することも多々あります。

むち打ちの後遺症

むち打ちは、いくつかの種類にわかれており、症状も異なります。 むち打ち、と診断された方のほとんどが分類される頸椎捻挫型の他に、神経根が傷つき力が入らなくなったり痺れを感じたりする根症状型、自律神経が傷つき吐き気やめまい等の症状が出るバレリュー症状型、それらが合わさった根症状・バレリュー症状混合型、知覚障害・歩行障害等最も重い症状となり得る脊髄損傷型にわかれています。また、脳髄液が漏れ出し、脳髄液減少症となった場合、全身の痛みや聴力・視力・味覚障害等の症状が現れることもあります。

むち打ちの後遺障害等級認定と慰謝料の解説

むち打ちで認定される可能性のある後遺障害等級と認定基準

12級13号 自賠法では「局部に頑固な神経症状を残すもの」と定めており、レントゲンやMRI等の画像所見において脊髄や神経部分への異常が明らかに確認できる等、他覚所見、神経学的所見が自覚症状と一致し、医学的に証明できることが要件となっています。14級9号 自賠法では「局部に神経症状を残すもの」と定めており、受傷時の状態や治療の経過等から、自覚症状の連続性、一貫性が認められ、他覚所見、神経学的所見から医学的に証明できずとも、医学的に説明可能であることが要件となっています。 むち打ちで認定される可能性のある後遺障害等級は、ほとんどの場合が上記に挙げた12級13号か14級9号となりますが、ごく稀に、むち打ち以外の症状も併合して認められる場合に、7級4号、9級10号が認定されるケースもあります。

後遺障害等級が非該当となってしまう場合

むち打ちは、交通事故から時間が経過してから症状が現れることもあります。交通事故当初、体の不調を感じなかったために病院へ行かず、症状が現れてから初めて受診した場合、交通事故と症状との因果関係が認められず、後遺障害等級が非該当となることがあります。他覚所見的に証明することが難しいことから、医学的な説明も困難で、そのうえ自覚症状の訴えに整合性がないと、どんなに辛い症状があったとしても、有効な後遺障害診断書を書いてもらうことがかなわず、後遺障害等級を獲得することはできません。 また、通院頻度が少なかったり、保険会社に治療費を打ち切られた段階で症状固定前に通院を止めてしまったりすると、「病院に行かなくても良いほど症状が和らいでいる」等ととらえられ、特に他覚所見がない場合は自覚症状の主張を認められないこともあり、後遺障害等級が非該当となる原因となる可能性が高くなります。

後遺障害等級を認定されるためのポイント

14級9号の認定を受けるにあたり大切なことは、自覚症状を医学的に説明できるかどうかです。交通事故当初に自覚症状がなくても、早い段階で整形外科を受診し、症状固定まで継続的に通院し、必要な検査を受けることが重要です。 また、医師に対し、自分の症状をしっかり説明し、自覚症状について一貫した症状の経過をカルテに残してもらうことにより、合理的な主張をすることができます。 12級13号の認定を目指すのであれば、後遺障害診断書の記載内容がさらに重要になってきます。他覚所見について画像や検査結果から異常が明らかに確認できることや、事故との因果関係が認められることを、医師に証明してもらう必要があります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

電話無料相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

示談交渉は症状固定してから

症状固定と診断される前に示談が成立してしまった場合、本来であれば通院期間として認められるべき期間を短縮することとなり、適切な金額の入通院慰謝料を獲得することができません。もちろんそれ以降に別の症状が現れたり、再び痛みを訴えたりして通院したときの治療費についても後から請求することはほとんどできません。 また、後遺障害等級認定については、症状固定後に残った症状について後遺障害に該当するかどうかの判断をするため、症状固定前に示談交渉をしてしまうと、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益の請求ができず、最終的に獲得できる賠償金を大きく損なうことになります。従って、示談交渉は症状固定してから始めるのが適切といえます。

むち打ちで請求できる慰謝料と慰謝料相場

むち打ちで獲得できる後遺障害等級は、非該当もしくは14級9号がほとんどで、重症であれば12級13号が認められることもあります。等級によって後遺障害慰謝料金額は異なり、非該当の場合には後遺障害慰謝料は獲得できず、獲得できる慰謝料は入通院慰謝料のみ、ということになります。 詳しい相場については下記リンクページをご覧ください。

交通事故の慰謝料を自分で計算できる?慰謝料の計算方法を分かりやすく解説します!

妊婦の場合の慰謝料相場はいくら?

妊娠中は、レントゲンや麻酔、投薬等の治療方法が制限され、うつ伏せになってのマッサージや電気治療も受けられないため、経過を見ながらの治療となります。そのため一般社会人に比べ、通院期間に対して通院頻度や日数が少なくなる傾向にあります。慰謝料金額の交渉時には、その点も考慮して大幅な減額とならないよう慎重に進める必要があります。 詳しい相場については下記リンクページをご覧ください。

妊娠中に交通事故に遭い、むちうちになってしまったら

主婦の場合の慰謝料相場はいくら?

主婦の場合、慰謝料の相場は一般社会人とほとんど変わりませんが、慰謝料とは別に主婦休損というものが支払われます。主婦の家庭での労働は金銭的な価値が認められており、むち打ちの症状により通院のための時間が無くなったり、家事ができなくなったり等、むち打ちの影響で家事労働力が損なわれていた期間について補償するものが主婦休損になります。

子供の場合の慰謝料相場はいくら?

子供の場合も、むち打ちによる慰謝料の相場は一般社会人とほとんど変わりませんが、子供の年齢によっては、親が病院へ同行する付添費が認められたり、親が付き添いのために仕事を休んだことが認められたりすると、慰謝料金額が増額する可能性があります。 また、子供の場合は、回復力が高いため、あまり通院をしなくても早く回復する傾向にあります。

車の助手席に乗っていた人がむち打ちになったら?

交通事故の被害に遭った自動車の同乗者は、加害者と運転者の保険に対して損害賠償を請求することができます。自賠責保険については運転者との関係性によって縛られず誰でも補償対象となりますが、任意保険については運転者との関係性と保険の種類によって補償の対象であるか否かが決まっています。 また、好意同乗者と認められた場合は慰謝料減額の可能性があり、運転者に過失がある場合は同乗者に賠償責任が生じる場合があります。

むち打ちの通院期間と慰謝料の関係

入通院慰謝料の金額は、通院期間が大きく影響します。通院期間が長期化するとその分入通院慰謝料は高額になりますが、むち打ちで通院日数が少ない場合、実通院日数の3倍の日数を通院期間として算出することになっています。従って、月の通院日数が10日未満であると、相場より減額されてしまう可能性があります。 また、後遺障害等級認定においても、交通事故当初から継続的に通院することで交通事故と症状の因果関係や症状の程度、一貫性を認めてもらいやすくなり、後遺障害等級認定獲得の可能性を高めます。

むち打ちの治療方法

むち打ちで整形外科を受診した場合、レントゲンで骨の異常、MRIで脊髄や神経の異常を調べ、画像所見が見当たらないようであれば、ジャクソンテストやスパーリングテスト等の神経学的検査を行います。また、症状に合わせて投薬やブロック注射、電気等による理学療法等の治療も行います。 整骨院の先生(柔道整復師)ができるのは治療行為ではなく、痛み等の症状を緩和するための施術であるため、通院日数に換算されない可能性があり、もし整骨院も併用して通院したい場合は、整形外科の医師に指示を仰ぐ必要があります。

むち打ちは治療費を打ち切られやすい?

むち打ちは軽微な交通事故でもなり得るため、症状も同様に軽傷ととらえられる傾向にあります。また、他覚所見がない場合がほとんどであることから、心因的なものや既往症なのではないかという嫌疑をかけられることもあります。そのため、保険会社は3ヶ月を目安に治療費の打ち切りを打診してくることが多いです。 仕事等で忙しく通院したくでもできなかった場合や、治療内容がマッサージのみである場合にも、「通院しなくても良い程度の症状である」「マッサージで和らぐほど症状が軽微なものである」ととらえられてしまい、治療費を打ち切られてしまいかねないので、適切な通院頻度と治療が必要になります。

治療費を打ち切られてしまったら

保険会社から治療費を打ち切られてしまうと、自費で通院をしなければならないため、途中で治療を止めてしまう方が多くいらっしゃいますが、主治医の協力を得て保険会社に対し治療継続の主張をするか、健康保険を利用して自費での通院に切り替え、治癒または症状固定まで通院するようにしましょう。打ち切られた後の通院期間が、必要な治療期間だと認められた場合は、治療費を後から示談金として一括で支払ってもらうこともできます。後遺障害等級認定は、症状固定時に残っている症状について後遺障害に該当するかどうか判断をするので、治癒または症状固定と診断されるまで、継続して通院する必要があります。 国民健康保険の場合でも、保険組合や市町村に対し「第三者行為による傷病届」を提出することで、交通事故の治療にも適用してもらうことができます。

むち打ちの後遺障害等級が認められた裁判例

【大阪地方裁判所 平成27年(ワ)第12158号 損害賠償請求事件】

原告運転の自動車に、被告運転の自動車が前方注視義務を怠り追突した交通事故に関し、損害賠償を請求した事案です。 原告は、検査の結果、椎間板ヘルニア等他覚所見が存在するとして後遺障害等級第12級13号を主張しました。一方被告は、交通事故の程度が軽微であること、原告の症状経過に矛盾があり、整合性が認められないこと、椎間板ヘルニアにおいては以前から整骨院に通院していることもあり既往症に因るものであること等を理由に、本件交通事故と原告主張の症状は因果関係が認められないとして、後遺障害等級について非該当であると主張したため、後遺障害等級について争われました。 裁判所は、椎間板ヘルニアについて認められたのが交通事故から約2ヶ月半経過していたことから、加齢その他の要因に基づくものである可能性が否定できないとして、頸椎捻挫、腰椎捻挫、胸椎捻挫についてのみ本件交通事故との因果関係を認め、後遺障害慰謝料は14級9号に該当する110万円と算定しました。また、被告に対し、治療費、慰謝料、逸失利益等を含め総額385万1695円の損害賠償金を支払えという判決を下しました。

弁護士に相談・依頼する

むち打ちは、その他の怪我に比べ見て明らかな症状ではないことがほとんどのため、保険が使えないのではないか、後遺障害として認定されないのではないか、と悩まれている方が多くいらっしゃいます。むち打ちの場合、後遺障害等級認定を獲得できるかどうかが一番難しい問題となりますが、弁護士にご相談いただければ、後遺障害等級認定を受けやすい後遺障害診断書の書き方等をサポートすることができ、後遺障害等級認定の可能性を高めることができます。また、保険会社から治療費の打ち切りを打診された際の延長交渉、整骨院に通院したい場合等の通院の仕方や通院頻度に対するアドバイス等も承りますので、お困りのことがございましたらぜひ弁護士へご相談ください。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

電話無料相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付