メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故で多い【むちうち】の症状とは|慰謝料はもらえるのか

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

「むちうち」とは、比較的よく耳にする傷病名だと思います。しかし、外見からはその症状を汲み取ることが難しく、交通事故の示談交渉においても争点となることが多いです。 交通事故によるむちうちの症状に悩まされているにもかかわらず、相応の賠償を受けられないのは避けるべきことです。ぜひ、そのような事態を回避するためにも本ページをご覧ください。

むちうち(頚椎捻挫)とは?

むちうち(頚椎捻挫)とは

交通事故による「むちうち」は、正式な傷病名ではなく、頚椎捻挫、外傷性頚部症候群等と診断される症状をいいます。自動車に乗車中、後ろから急に追突されたり、急停車したりして、重い頭部が前後に揺さぶられることにより首に不自然な力が加わり、鞭がしなるように首が動くことから「むちうち」とよばれています。身構えていない状態で起こるので、軽微な交通事故でもむちうちとなる可能性は十分にあります。 むちうちは、症状が重くなると、脊髄損傷による排泄・五感への支障、高次脳機能障害が生じることもありますが、多くの場合レントゲン等の他覚的所見によって証明することが難しく、自覚症状の訴えのみとなるため、他の怪我に比べて軽症ととらえられてしまう傾向にあります。

むちうち(頚椎捻挫)の症状

むちうちの症状

人体には、頭部から背骨に沿って極めて重要な神経の束が通っています。むちうちになるとそれらの神経が傷ついているおそれがあり、首や肩、腕の痛みや凝りのみならず、頭痛、吐き気、耳鳴り、めまい、だるさ、食欲不振、手先のしびれといった症状が現れることもあります。 交通事故の直後は、興奮状態に陥っており、痛みを感じる感覚が麻痺している場合があります。そのため、時間が経過してから痛み等の症状を自覚することも多々あります。

後遺症が残る可能性もある

むちうち、と診断された方のほとんどが分類される頚椎捻挫型の他に、神経根が傷つき力が入らなくなったり、しびれを感じたりする根症状型、自律神経が傷つき吐き気やめまい等の症状が出るバレリュー症状型、それらが合わさった根症状・バレリュー症状混合型、知覚障害・歩行障害等最も重い症状となり得る脊髄損傷型に分かれています。

むちうちの後遺症

むちうちの平均治療期間はどれくらい?

前提として、むちうちの平均治療期間は、一概にこのくらいであると断言できません。というのも、個人差があること、症状の程度に違いがあること等が影響するためです。 一概にむちうちといっても、年齢や骨格、筋肉量には個人差があるため、個々人によって痛みやしびれ等の感じ方といった症状が異なる場合があります。また、軽症の方と重症の方とでは、治療に要する期間が増減することは容易に想像がつくでしょう。 一般的には、「DMK136」というフレーズがあるように、むちうちの平均治療期間として3ヶ月とする指標はあります。ただし、あくまでも目安であり、軽症の場合は数日程度、重症の場合は年単位の治療期間を要し、中には完治に至らずむちうちの症状が後遺症として残ってしまう場合もあります。 また、交通事故によるむちうちの治療経験が乏しい医師・医療機関の場合、適切な診断がなされず治療期間が早まってしまうおそれもありますので、治療先は慎重に選択するようにしましょう。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

むちうちの治療方法

むちうちの主な治療先として、整形外科と整骨院(接骨院)があります。 一見、違いがわかりづらいですが、整形外科では医師免許をもつ医師が治療にあたり、整骨院では国家資格である柔道整復師が施術にあたります。 それぞれにおいて受けられる治療方法が異なりますので、以下で詳しく紹介します。

整形外科の場合

整形外科での治療は、①事故直後から炎症が治まるまで、②その後というように、過程において異なります。

【交通事故直後~炎症が治まるまで】

・頚椎カラー
首を固定して首の負担を軽くします。

・消炎鎮痛剤の投与
必要があれば薬で痛みを緩和させ、炎症が治まるのを待ちます。

【炎症が治まった後】

・運動療法
固まった首の筋肉をほぐし、運動機能を回復させるためのリハビリをします。

・温熱治療
ホットパックや赤外線、マイクロウェーブを用いて、筋肉を温め、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。

・電気療法
電気で筋肉や神経に刺激を与えることで、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。

整骨院(接骨院)の場合

整骨院(接骨院)の治療は、ある程度炎症が治まり、症状が慢性化してきた段階で行います。

・手技療法
手や指で体を擦る、押す、揉む、叩く、震わす等して刺激を与えることで、筋肉・神経の機能改善とともに、精神的な疲労回復をも図ります。

・物理療法
電気、光、温熱、冷却、超音波等の物理的エネルギーを使って、生理的生化学的変化を起こし、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。

・首の牽引
首を引っ張ることで、椎間孔を広げて骨同士の圧迫を軽減したり、椎間関節の変形やずれを矯正したりします。

・テーピング療法
関節や筋肉の動きを固定またはサポートし、痛みを緩和させたり、関節や筋肉の運動機能を補助したりします。

・運動療法
固まった首の筋肉をほぐし、運動機能を回復させるためのリハビリをします。
基本的には、整形外科で行う運動療法と同様です。

むちうち治療の注意点

むちうちの治療をするうえで注意しなければならないのが、必ず整形外科で検査・診療を受けるということです。なぜなら、以下の2つの理由があるからです。

①むちうちが交通事故に起因したものであることを証明するため 交通事故被害者が損害賠償請求をするには、受傷・発症したむちうちと交通事故との因果関係の立証が必要となります。事故後できるだけ早く医師の診察と、CT・MRI等の精密検査を受けることが大切です。
※整骨院には、医師がおらず、精密検査機器がありません。

②むちうちが後遺症として残存した際、後遺障害等級認定の申請をするため 申請手続には、医師が記載する後遺障害診断書が必要となります。くわえて、むちうちの後遺症が交通事故に起因していることを立証しなければなりません。やはり、医師の診療と精密検査を受けられる整形外科に行くことが重要となります。

とはいえ、整形外科に通うことが困難な方もいらっしゃるでしょう。その場合は、医師の指示のもと整骨院を併用し、保険会社にも整骨院を利用する旨の了承を得ておくことをおすすめします。その場合もまた、月に1度程度は、整形外科を受診しましょう。

保険会社は3ヶ月程度で治療費の打ち切りを打診してくることが多い

むちうちはなぜ治療費を打ち切られやすいのか

むちうちは軽微な交通事故でもなり得るため、症状も同様に軽傷ととらえられる傾向にあります。また、他覚所見がない場合がほとんどであることから、心因的なものや既往症なのではないかという嫌疑をかけられることもあります。そのため、保険会社は3ヶ月を目安に治療費の打ち切りを打診してくることが多いです。 仕事等で忙しく通院したくでもできなかった場合や、治療内容がマッサージのみである場合にも、「通院しなくても良い程度の症状である」「マッサージで和らぐほど症状が軽微なものである」ととらえられてしまい、治療費を打ち切られてしまいかねないので、適切な通院頻度と治療が必要になります。

適切な通院頻度はどれくらい?適切な治療って何?

損害賠償請求や後遺障害等級認定には、むちうち治療のための通院頻度が適切であることが極めて重要です。 症状の程度に見合わない過剰な通院は、相当性が疑われ、治療費や慰謝料が減額・否定されたり、後遺障害等級が非該当と判断されたりするおそれがあります。また、なんらかの事情により通院頻度が極端に少ないと、むちうちの発症の事実が疑われ、損害賠償請求や後遺障害等級認定において不利にはたらくおそれもあります。 むちうちの治療頻度は目安として「3日に1度」、くわえて医師の指示に従って行うのが適切であるといえます。 また、適切な治療としては、整形外科・整骨院のいずれにおいても「治療の必要性が認められる」ことが重要です。例えば、「事故直後からむちうちの症状に一貫性がある」「医師も治療の必要性を診断している」「適切な検査を受けている」等を証明できるようにしておきましょう。

マッサージとみなされるもの 適切な治療として認められるもの
整形外科 頚椎カラー
消炎鎮痛剤の投与
運動療法
温熱治療
電気療法
整骨院(接骨院) 手技療法 物理療法
首の牽引
テーピング療法
運動療法

治療費を打ち切られてしまったら

保険会社から治療費を打ち切られてしまうと、自費で通院をしなければならないため、途中で治療を止めてしまう方が多くいらっしゃいますが、主治医の協力を得て保険会社に対し治療継続の主張をするか、健康保険を利用して自費での通院に切り替え、治癒または症状固定まで通院するようにしましょう。打ち切られた後の通院期間が、必要な治療期間だと認められた場合は、治療費を後から示談金として一括で支払ってもらうこともできます。後遺障害等級認定は、症状固定時に残っている症状について後遺障害に該当するかどうか判断をするので、治癒または症状固定と診断されるまで、継続して通院する必要があります。 国民健康保険の場合でも、保険組合や市町村に対し「第三者行為による傷病届」を提出することで、交通事故の治療にも適用してもらうことができます。

第三者行為による傷病届のメリットと治療の継続について

弁護士に相談・依頼する

むちうちは、その他の怪我と見比べて明らかな症状ではない場合がほとんどのため、「保険が使えないのではないか」と悩まれている方が多くいらっしゃいます。 弁護士は、保険会社から治療費の打ち切りを打診された際の延長交渉、整骨院に通院したい場合等の通院の仕方や通院頻度に対するアドバイス等も行うことができます。お困りでしたら、ぜひ弁護士へご相談ください。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事