メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

むちうちは整形外科を受診すべき|なぜ整骨院のみではダメなのか

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故の被害に遭い、むちうちになってしまった場合、症状を緩和させるために整骨院(接骨院)を利用したいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、整骨院(接骨院)のみの利用は、避けた方が良いといえます。 本記事では、むちうちで通院する際の注意点について確認していきます。

交通事故後は必ず整形外科を受診する

交通事故後は必ず整形外科を受診する

交通事故に遭った際には、必ずすぐに整形外科を受診しましょう。 特にむちうちは、交通事故直後に自覚症状がなくても、時間が経過してから症状が現れることもあります。後になって行っても交通事故との因果関係が認められにくくなるので注意が必要です。 現在自覚している症状とともに、まだ自覚症状はなくても、これから生じるかもしれない症状について、詳細な検査にて医師に診断してもらい、それが交通事故と因果関係のある怪我の症状であると、診断書に記録してもらうことが重要です。

むちうち治療で整形外科に行くべき理由

整形外科と整骨院(接骨院)の違い

整形外科では、医師免許をもつ医師が検査や投薬等の治療にあたります。一方、整骨院(接骨院)では、国家資格である柔道整復師がマッサージ等の施術にあたります。柔道整復師は医師ではありません。このことは、後に大きく影響してきます。

整形外科を受診すべき理由

なぜ整形外科を受診すべきかというと、整骨院(接骨院)のみの通院では損害賠償請求ができないからです。具体的には、以下の2つの理由になります。

①むちうちが交通事故に起因したものであることを証明するため 交通事故被害者が損害賠償請求をするには、受傷・発症したむちうちと交通事故との因果関係の立証が必要となります。事故後できるだけ早く医師の診察と、CT・MRI等の精密検査を受けることが大切です。 ※整骨院には、医師がおらず、精密検査機器がありません。 ②むちうちが後遺症として残存した際、後遺障害等級認定の申請をするため 申請手続には、医師が記載する後遺障害診断書が必要となります。くわえて、むちうちの後遺症が交通事故に起因していることを立証しなければなりません。やはり、医師の診療と精密検査を受けられる整形外科に行くことが重要となります。

とはいえ、整形外科に通うことが困難な方もいらっしゃるでしょう。その場合は、医師の指示のもと整骨院を併用し、保険会社にも整骨院を利用する旨の了承を得ておくことをおすすめします。その場合もまた、月に1度程度は整形外科を受診しましょう。

整骨院(接骨院)に通院しても良いけれど注意が必要

整形外科だけでなく整骨院(接骨院)に通うのも手段

整形外科よりも整骨院(接骨院)の方が営業時間に幅があることから、頻繁に通うのであれば整骨院(接骨院)の方が適している場合もあるでしょう。また、整骨院(接骨院)は手技療法に特化しており、症状に合わせて体の調子を整えるような施術をしてくれる場合もあるので、早期に痛み等の症状が緩和することもあります。 交通事故でむちうちになってしまった際に、整骨院(接骨院)へ通院して発生した治療費も、必要な処置であると認められた場合には自賠責保険・任意保険ともに適用されますので、整骨院(接骨院)に通院することも、早期回復を考えれば一つの手段です。 ただし、整骨院(接骨院)のみの通院では、症状の経過について診断書に記録がなされないので、定期的に整形外科を受診する必要があります。

整骨院(接骨院)を併用する際に起きやすいトラブル

整骨院(接骨院)に通院する際にトラブルになりやすい点としては、①保険会社とのトラブル、②整形外科とのトラブル、③整骨院(接骨院)とのトラブルが挙げられます。

保険会社とのトラブル

保険会社に相談・連絡なく整骨院(接骨院)を併用した場合、整骨院(接骨院)は治療行為を受けるところではないため、交通事故の怪我の治療には不適当だとして、治療費を認めてもらえない場合や、治療費の打ち切りを迫られるケースがあります。

整形外科とのトラブル

整形外科の医師に相談・同意なく整骨院(接骨院)を併用した場合、それを良く思わない医師もいるため、信頼関係の破綻に繋がり、後遺障害等級申請の際、後遺障害診断書の内容に支障が出る等、認定が不利になってしまうことがあります。

整骨院(接骨院)とのトラブル

整形外科と併用して整骨院(接骨院)を通院する場合、同一の怪我に対して複数の場所で健康保険の適用ができないことから、整骨院(接骨院)での治療費は自由診療となるため、悪質な整骨院(接骨院)に通院してしまうと、治療費の水増し請求等のトラブルに巻き込まれることがあります。 また、整骨院(接骨院)では、国家資格である柔道整復師ではなく、民間資格の整体師やカイロプラクター等が施術にあたっているケースもあり、その場合には交通事故の怪我の治療行為として相当とはいえず、治療費が認められないおそれがあります。

むちうちの治療方法

整形外科のむちうち治療

整形外科での治療は、①事故直後から炎症が治まるまで、②その後というように、過程において異なります。

【交通事故直後~炎症が治まるまで】

  • 頚椎カラー
    首を固定して首の負担を軽くします。
  • 消炎鎮痛剤の投与
    必要があれば薬で痛みを緩和させ、炎症が治まるのを待ちます。

【炎症が治まった後】

  • 運動療法
    固まった首の筋肉をほぐし、運動機能を回復させるためのリハビリをします。
  • 温熱治療
    ホットパックや赤外線、マイクロウェーブを用いて、筋肉を温め、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。
  • 電気療法
    電気で筋肉や神経に刺激を与えることで、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。

整骨院(接骨院)のむちうち治療

整骨院(接骨院)の治療は、ある程度炎症が治まり、症状が慢性化してきた段階で行います。

  • 手技療法
    手や指で体を擦る、押す、揉む、叩く、震わす等して刺激を与えることで、筋肉・神経の機能改善とともに、精神的な疲労回復をも図ります。
  • 物理療法
    電気、光、温熱、冷却、超音波等の物理的エネルギーを使って、生理的生化学的変化を起こし、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。
  • 首の牽引
    首を引っ張ることで、椎間孔を広げて骨同士の圧迫を軽減したり、椎間関節の変形やずれを矯正したりします。
  • テーピング療法
    関節や筋肉の動きを固定またはサポートし、痛みを緩和させたり、関節や筋肉の運動機能を補助したりします。
  • 運動療法
    固まった首の筋肉をほぐし、運動機能を回復させるためのリハビリをします。

むちうちで後遺症が残ったら検査を受けましょう

むちうちにおける検査

むちうちになり、後遺症が残る場合がありますが、むちうちの多くは、その原因がレントゲンに写りません。そのため、被害者は自覚症状としての苦しみだけが続き、後遺症があるにもかかわらず、自賠責上の後遺障害等級認定を受けることは難しいのが実情です。 そのため、むちうちで自覚症状に苦しんでいる方は、MRIにより精密検査を受け、仮にMRI上でも原因がわからない場合には、スパーリング検査やジャクソン検査等の神経学的検査を受け、その結果を診断書に記載してもらう方法が有益でしょう。

むちうちの治療のアドバイス・増額交渉はお任せください

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事