メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

交通事故によるむちうちは必ず整形外科を受診

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故の被害に遭い、むちうちになってしまった場合、症状を緩和させるために整骨院(接骨院)を利用したいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、整形外科に通院せずに整骨院(接骨院)にのみ通うことは、おすすめできません。
整骨院(接骨院)と整形外科はまったく異なる施設だからです。
本記事では、むちうちで通院する際の注意点について、特に整形外科への通院の重要性を確認しながら説明していきます。

交通事故後は必ず整形外科を受診する

交通事故後は必ず整形外科を受診する

交通事故に遭った際には、必ずすぐに整形外科を受診しましょう。事故直後に痛みがなくとも、むちうちのように時間が経過してから症状が現れることもあるからです。
事故後速やかに整形外科で専門医による詳しい検査を受けて記録を残しておくことで、時間が経ってから出てきた症状や見つかった怪我が交通事故と因果関係のあるものだと証明できる可能性が高まります。
なお、交通事故後に整骨院(接骨院)に通うことを否定はしませんが、その場合にも、まずは整形外科に行き医師の診断を受けるようにしてください。
整形外科は、医師が検査や、投薬等の治療にあたる医療機関ですが、整骨院(接骨院)は、あくまでも柔道整復師の国家資格を持つ者が症状を和らげるための施術を行うところであり、医師による検査や治療は受けられません。
整形外科に通っていないと、後遺症が残ったときに後遺障害等級認定が受けられなくなったり、整形外科と整骨院(接骨院)とで負傷部位の見解が異なり、治療費が支払われなくなったりしてしまう等、トラブルの元となります。
交通事故で怪我をしたら、まずは整形外科(病院)で診断を受けることを心がけてください。

むちうち治療で整形外科に行くべき理由

交通事故によってむちうちを受傷した場合も、整形外科を受診すべきだといえます。
なぜかというと、整骨院(接骨院)のみに通院していては、適正な賠償を受けられないからです。
詳しくは次項以下で説明します。

交通事故の損害賠償を請求するため

交通事故による損害の賠償を請求するためには、被った損害と交通事故に因果関係があることが証明できなければなりません。
むちうちを受傷した場合も同様で、交通事故との因果関係を証明するためにも、事故後できるだけ早いうちに医師の診察とMRI等の精密検査を受け、カルテ等に怪我の状態を記録してもらう必要があります。怪我の状態を把握したり、診断書を作成したりすることは医師でなければできません。
そのため、医師のいない整骨院(接骨院)ではなく、整形外科を受診する必要があるのです。
また、交通事故との因果関係を証明できれば、むちうちの治療費も損害賠償として受け取ることができますが、加害者側保険会社の判断によっては、整骨院(接骨院)等での施術費用の支払いを渋られるおそれがあります。
賠償請求できる損害の項目は、下記のページでご確認いただけます。

交通事故の損害賠償で請求できるもの

後遺障害等級認定を申請するため

むちうちを受傷し後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級が認定されると、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。
後遺障害等級認定手続の申請にあたっては、後遺障害診断書やMRI画像等の証拠資料、これまでの通院・治療記録等が残された医師の診断書等によってむちうちの後遺症が交通事故に起因していることを明らかにしなければなりません。
しかし、整骨院(接骨院)では、医師による治療も精密検査も受けられないので、症状の経過等の記録ができません。また、後遺障害診断書は医師に作成してもらう必要がありますが、(医師がいない)整骨院(接骨院)では後遺障害診断書を作成することができません。
したがって、後遺障害等級の認定を受けるためには、整骨院(接骨院)ではなく、医師の診療と精密検査を受けられる整形外科等に適切に通院することが重要といえます。
むちうちで後遺症が残った場合の対処法については、下記のページで説明しています。

むちうちの後遺症

整形外科と整骨院(接骨院)を併用する際に起きやすいトラブル

整形外科と整骨院(接骨院)を併用すること、つまり両方に通院することは可能です。整骨院(接骨院)は症状の緩和や改善等を目的としているので、ある程度状態が落ち着いた段階であれば、整形外科と併用することで、痛みを抑えながら治療を継続することが期待できます。 ただし、整形外科と整骨院(接骨院)を併用すると、以下のようなトラブルが起こるおそれがあります。
トラブルを防止するためにも、弁護士に相談しながら治療や通院を進めるのが望ましいでしょう。

保険会社に整骨院(接骨院)への通院を連絡しなかった場合

整骨院(接骨院)は治療行為を受けるところではないため、保険会社に相談・連絡なく整骨院(接骨院)を併用した場合、交通事故の怪我の治療には不適切だとして、治療費を認めてもらえないケース合、治療費の打ち切りを迫られるケースがあります。

整形外科の医師の許可なしに整骨院(接骨院)に通った場合

整骨院(接骨院)の併用を快く思わない医師もいるため、整形外科の医師への相談・同意なく整骨院(接骨院)へ通うと、信頼関係を損なうおそれがあります。
そして、後遺障害等級認定を申請する際に、医師が後遺障害診断書の作成に協力してくれない等、不利な状況に陥ってしまうことがあります。

整骨院(接骨院)の費用をめぐる対応に困る場合

同じ怪我に関して、複数の場所で健康保険を適用することはできないので、整形外科と併用して整骨院(接骨院)に通院する場合、整骨院(接骨院)での治療は自由診療となります。
そのため、悪質な整骨院(接骨院)に通院してしまうと、治療費の水増し請求等のトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
また、整骨院(接骨院)では、国家資格の柔道整復師ではなく、民間資格の整体師やカイロプラクター等が施術にあたっているケースもあります。
このような場合には、交通事故の怪我の治療行為として相当とはいえないとして、治療費の請求が認められないおそれもあります。

整骨院(接骨院)に通院する場合の注意点

整形外科だけでなく整骨院(接骨院)に通うのも手段

痛みを緩和しながら治療できたり、通院がしやすくなったりする点で、整形外科と整骨院(接骨院)を併用することで治療を進めやすくなるケースもあります。 しかし、整骨院(接骨院)での施術は医師による治療行為ではありませんし、保険会社は整骨院(接骨院)への通院を嫌がる傾向にあるため、整骨院(接骨院)に通いたい場合は事前に医師に相談し、同意を得ておくことをおすすめします。 また、施術費用が高額すぎる場合、保険会社から全額を賠償してもらえず、自己負担が発生してしまう場合もあります。
整骨院(接骨院)への通院をお考えの方は、下記のページで紹介している注意点をお目通しのうえご検討ください。

整骨院での治療で慰謝料と治療費を請求するポイント

整骨院(接骨院)のみの通院では慰謝料に差が出る?

整骨院(接骨院)にのみ通院している場合、通院した全期間を算定対象期間として認められず慰謝料が減額されてしまったり、整骨院(接骨院)の施術費用が高額だった場合に、保険会社が慰謝料を払い渋る等、示談の際に慰謝料に差が出てしまったりすることがあります。
さらに注意したいのが、整骨院(接骨院)のみに通院していては、後遺症が残ったときに後遺障害診断書を作成してもらえず、後遺障害等級認定が受けられないおそれがあることです。
その結果、入通院慰謝料の請求が認められる場合でも、後遺障害慰謝料を請求できず、受け取れる慰謝料が大きく減額するといったことも考えられます。
このように、整骨院(接骨院)にしか通院していないと、慰謝料が減額してしまうケースがあるため注意しましょう。
整骨院(接骨院)に通院した場合にもらえる慰謝料の計算方法については、下記のページで説明しています。

整骨院に通院した場合の慰謝料(通院慰謝料)の計算例

むちうちの治療方法

整形外科のむちうち治療

整形外科での治療は、①「事故直後から炎症が治まるまで」、②「炎症が治まった後」というように、段階によって異なります。

【事故直後から炎症が治まるまで】

  • 頚椎カラー
    首を固定して首の負担を軽くします。
  • 消炎鎮痛剤の投与
    必要があれば薬で痛みを緩和させ、炎症が治まるのを待ちます。

【炎症が治まった後】

  • 運動療法
    固まった首の筋肉をほぐし、運動機能を回復させるためのリハビリをします。
  • 温熱治療
    ホットパックや赤外線、マイクロウェーブを用いて筋肉を温め、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。
  • 電気療法
    電気で筋肉や神経に刺激を与えることで、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。

整骨院(接骨院)のむちうち治療

整骨院(接骨院)での治療(厳密にいえば施術)は、ある程度炎症が治まり、症状が慢性化してきた段階で行います。

  • 手技療法
    手や指で体を擦る、押す、揉む、叩く、震わす等して刺激を与えることで、筋肉・神経の機能改善とともに、精神的な疲労回復も図ります。
  • 物理療法
    電気、光、温熱、冷却、超音波等の物理的エネルギーを使って、生理的生化学的変化を起こし、血液の循環を良くしたり、痛みを緩和させたりします。
  • 首の牽引
    首を引っ張ることで、椎間孔を広げて骨同士の圧迫を軽減したり、椎間関節の変形やずれを矯正したりします。
  • テーピング療法
    関節や筋肉の動きを固定またはサポートし、痛みを緩和させたり、関節や筋肉の運動機能を補助したりします。
  • 運動療法
    固まった首の筋肉をほぐし、運動機能を回復させるためのリハビリをします。

むちうちで後遺症が残るかもしれない。
後遺障害等級認定を見据えて検査を受けましょう

むちうちにおける検査

むちうちの場合、検査等により客観的に症状の有無を判断することが困難です。
そのため、後遺障害等級の認定が受けられるかは、自覚症状を医学的に説明できるかどうかにかかってきます。
それには、医師による診断を受けていること、治療を継続してきたこと、治療中自覚症状が一貫して続いており矛盾がないこと等の証明が必要です。
これらを証明するためには、整形外科で適切な診療・治療を継続して受けなければなりません。
したがって、むちうちを受傷したら、後遺症が残るリスクも考慮したうえで、整形外科へ通院することが大切です。
むちうちを治療するうえで気をつけるべきポイント等は、下記のページで紹介しています。

むちうちの治療のアドバイス・増額交渉はお任せください

交通事故によるむちうちは整形外科に!迷ったら弁護士にご相談ください

交通事故によりむちうちを受傷し、整形外科と整骨院(接骨院)のどちらに通院するべきか迷われている方は、ぜひ弁護士にご相談ください。 整骨院(接骨院)では医師による治療や精密検査は受けられないとはいえ、手技療法等によって、症状に合わせて身体の調子を整えるような施術を受けることができます。
また、営業時間や店舗数の関係で、整形外科より通いやすいということもあるでしょう。
このように、整形外科と整骨院(接骨院)を併用することにメリットがあるケースもあります。
とはいえ、整骨院(接骨院)で受けられるのはマッサージ等の施術ですから、保険会社との交渉によっては治療費等を支払ってもらえないおそれもあります。
損することなく適正な賠償を受けるためにも、交通事故による怪我の治療で整骨院(接骨院)を利用する場合には、法律の専門家である弁護士の助言を受けることをおすすめします。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事