交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故の同乗者がむちうちになった場合の慰謝料について

交通事故のご相談はこちら

同乗者のむち打ちの治療や後遺障害等級の申請はドライバーと同じ

交通事故で多く見られる怪我として、むち打ちがあります。交通事故直後に自覚症状がなかったとしても、時間が経過してから症状が出てくることもあります。 交通事故の瞬間、ドライバーは、ハンドルを握ったりブレーキを踏んだりと、多少なりとも身構えることができるかもしれませんが、助手席や後部座席の同乗者は、無防備な状態であることが多く、ドライバーよりもむち打ちによる症状の程度が重くなってしまうこともあります。 同乗者もドライバーと同じように、むち打ちに対する治療や、後遺障害が残ってしまった場合の後遺障害等級の申請をすることができます。また、入通院慰謝料や、後遺障害等級が認定されれば後遺障害慰謝料を請求することもできます。

同乗者の慰謝料の請求はどうなる?

慰謝料については、通常、加害者の自賠責保険及び任意保険に請求することになりますが、同乗していた自動車のドライバーにも過失が認められる場合、ドライバーの自賠責保険及び任意保険に請求できることもあります。 ただし、ドライバーの任意保険に慰謝料を請求する際には注意が必要です。自賠責保険は、ドライバーと同乗者の関係性に縛られずに適用されますが、任意保険は、ドライバーと同乗者の関係性が対人賠償責任保険の免責事由に該当する場合、人身傷害保険特約のみの適用とされることがあるからです。 また、ドライバーが搭乗者傷害保険に加入していた場合には、上記の慰謝料とは別に、一定の金額を獲得できることもあります。

交通事故車の同乗者だった場合について詳しく見る

同乗者の慰謝料はドライバーの過失割合によって変わる?

基本的には、同乗していたドライバーの過失割合に関わらず、同乗者は過失0とされていますので、同乗者が請求できる慰謝料はドライバーの過失によって変わることはありません。 ただし、ドライバーに過失が認められる場合で、交通事故の起因について同乗者(家族や友人に無償で乗車させてもらっている同乗者)にも過失があると判断されたときには、ドライバーの過失割合に応じて、請求できる慰謝料の減額が考えられます。

過失割合が0:10の場合(同乗していた自動車に過失なし)

同乗していた自動車に過失がない場合には、ドライバーに損害賠償義務が発生しないため、同乗者は、加害者の保険会社に、慰謝料を含めた損害賠償の全額を請求することになります。 また、ドライバーが搭乗者傷害保険に加入していれば、加害者に請求する損害賠償とは別に、一定の金額を獲得することができます。

過失割合が5:5の場合(同乗していた自動車に過失あり)

同乗していた自動車に過失が5割認められた場合には、加害者とドライバー双方に損害賠償義務が発生するため、同乗者は、加害者とドライバー双方の保険会社に、慰謝料を含めた損害賠償の全額を請求することになります。 しかし、ドライバーの任意保険に請求する分については、ドライバーと同乗者の関係性によって適用できないこともあります。また、同乗者にも交通事故の起因について過失が認められた場合には、請求できる損害賠償が5割減額されることも考えられます。 同乗していた自動車に過失があった場合にも、ドライバーが搭乗者傷害保険に加入していれば、損害賠償金額と関わりなく、一定の金額を獲得することができます。

単独事故の場合

同乗していた自動車が単独事故を起こした場合には、ドライバーを加害者として、ドライバーの保険会社に、慰謝料を含めた損害賠償の全額を請求することになります。 ドライバーの自賠責保険、任意保険の人身傷害保険特約または自損事故保険からの補償や、ドライバーと同乗者の関係性によっては対人賠償責任保険が適用されます。 ただし、同乗者がドライバーの飲酒を知りながら同乗していた場合等には、損害賠償の減額が考えられます。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

むち打ちの後遺障害等級と慰謝料

むち打ちは、正式な傷病名ではありません。交通事故の衝撃で首に不自然な力が加わり、首がむちのようにしなることで発生する症状の総称です。診断名としては頸椎捻挫、外傷性頸部症候群等にあたり、首の痛みや凝り、めまい、吐き気、耳鳴り等症状は様々です。

むち打ちについて詳しく見る

等級 12級13号 14級9号
自賠責基準 93万円 32万円
弁護士基準 290万円 110万円

同乗者にむち打ちの後遺障害が残ってしまった場合

同乗者に後遺障害が残ってしまった場合には、後遺障害等級の申請をし、認定を受けることができれば、後遺障害慰謝料を獲得することができます。 しかし、「ドライバーに迷惑をかけるのではないか」「保険は適用されないのではないか」といったことを心配して通院をせずにいると、交通事故とむち打ちの症状との因果関係を裏付けることができなくなり、後遺障害慰謝料どころか入通院慰謝料も認められない可能性もあります。 同乗していた自動車が交通事故に遭った場合には、すぐに病院を受診しましょう。

同乗者もむち打ちの後遺障害が認められた裁判例

【大阪地方裁判所 平成25年(ワ)第8274号 損害賠償請求事件】

被告が時速30km前後で運転するタクシーの後部座席に、原告が客として同乗していたところ、被告が急ブレーキをかけたことにより、原告が頸部(首)に強い衝撃を受けたことが起因して後遺障害が残存しているとして、原告が被告に対し、損害賠償の支払いを求めた事案です。 本件では、原告がシートベルトをしていなかったことにより過失相殺がなされるかどうかについて、また、低速度で走行中の衝突事故のため、何らかの自覚症状を訴えたとしても、他覚所見がないことからして後遺障害まで残存する可能性は極めて低いとして、後遺障害の程度について等が争点となりました。 裁判所は、過失相殺について、原告が後部座席のシートベルト装着義務を理解していたにも関わらず怠ったことから、原告の過失相殺の割合を1割相当と認めました。後遺障害の程度については、自賠責にて後遺障害等級第14級9号のむち打ちが認められていることから、後遺障害が残存しているものと認められ、後遺障害慰謝料として110万円を相当としました。 被告は原告に対し、最終的には、後遺障害慰謝料を含めた損害賠償金額を、1割で過失相殺した、334万8238円の損害賠償義務を負う結果となりました。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付