メニュー

交通事故弁護士

訴訟で相手方の主張をほぼ排斥し、勝訴的和解を勝ち取った事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

訴訟で相手方の主張をほぼ排斥し、勝訴的和解を勝ち取った事例

ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
争点:
賠償金額(治療期間・慰謝料額)
過失割合
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約20万 約130万円 約110万円の増額
過失割合 80対20 100対0 過失を無過失に修正

事案の概要

ご依頼者様が運転する車が駐車場から路外進出しようとして、進出先の道路の交通の流れを見ながら停止していたところ、同じく駐車場から路外進出しようとしていた加害者の運転する車両がご依頼者様の運転する車両の右後部に衝突しました。

この事故により、ご依頼者が運転する車は、大破し、頚部挫傷、腰部挫傷を負い、9カ月以上の通院加療を要しました。

ご依頼者様は、加害者側(加害者の加入する保険会社、加害者側の弁護士)の不誠実な対応に納得がいかず、また、適正な賠償を獲得するために、専門家への相談の必要性を感じ、弊所に相談されました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、ご依頼者様の治療終了後、賠償額を算定し、加害者側の弁護士と交渉しました。
しかし、相手方保険会社が十分な金額を提示して来なかったため、交渉で金額が折り合うことはなく、担当弁護士はご依頼者様と相談してやむなく訴訟に踏み切りました。

訴訟においては、治療費及び治療期間、慰謝料額、過失割合等あらゆる部分が争われました。
特に、治療期間においては、相手方(被告)が事故から4カ月で症状固定の主張をし、過失割合については、出会い頭の事故として、過失割合が80:20(ご依頼者様)であるなどと主張してきました。

担当弁護士は、刑事記録やカルテ等の記録をしっかり読み込み、丁寧に反論したことで、相手方(被告)の主張をほぼ排斥し、治療期間については9カ月以上、過失割合については100:0(ご依頼者様)であるとの心証を裁判官に抱かせることが出来ました。
その結果、裁判官から、被告が主張していた金額20万円を大幅に超える130万円での和解案を提示させ、無事130万円での和解を勝ち取ることが出来ました。

担当弁護士の丁寧な訴訟対応の結果、慰謝料等を含めて、当方の請求額の満額に近い金額を和解案で獲得することが出来ました。
裁判できちんと損害額を主張立証し、大きな賠償額を獲得できたために、ご依頼者様にとって非常に満足な解決に至ることができました。

千葉支部の解決事例一覧はこちら