交通事故弁護士

骨折後の後遺症について認定された後遺障害等級12級13号に基づいて請求した事案

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

骨折後の後遺症について認定された後遺障害等級12級13号に基づいて請求した事案

後遺障害等級:
12級13号
ご依頼者様の症状:
骨折
争点:
賠償金額
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
損害賠償金額 約470万円 約1,000万円 530万円の増額

事案の概要

事故の状況は、ご依頼者様がバイクを運転していたところ、側方から信号無視の車が衝突してきたというもので、ご依頼者様は右膝を骨折し、骨折後の右膝痛について、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として後遺障害等級第12級13号に認定されました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご相談の時点で、上記認定結果を元に相手方任意保険会社から賠償案の提示がなされており、ご依頼者様がご自身で交渉を行った結果、その時点での支払い額は約470万円でした。

しかし、担当弁護士が相手方の提示について確認したところ、慰謝料の額について過少に評価されていたほか、逸失利益の基礎収入や労働能力喪失期間についてもご依頼者様に不利に認定されていたため、相手方と増額の交渉を行うこととなりました。

ご依頼者様は、本件事故当時専門学校に通う学生だったのですが、そのような若年者が事故に遭った場合、事故当時に十分な収入はなく、就労可能な状態になった段階で満足のいく給与を受け取ることができるようになることが一般的です。

そこで、このような被害者の逸失利益を求めるために、実務上、一般的な労働者の平均賃金を用います。

この点について相手方は、高等専門学校・短期大学卒業の男性平均賃金を用いましたので、当方からは、全男性の平均賃金を用いるべきであると主張しました。

次に、逸失利益の額を算定する際、労働能力喪失期間を定める必要がありますが、相手方は、この点について4年と主張しました。

むち打ち症の後遺症について12級13号が認定された場合、逸失利益の労働能力喪失期間は、10年程度に限定されることが通常です。

しかし、骨折等の後遺症について12級13号が認定された場合、必ずしもこのように限定されるわけではありません。

そこで、担当弁護士は、類似する過去の事例を示しながら交渉を行い、結果として支払額を既払金を除いて1000万円とすることで示談することができました。

千葉支部の解決事例一覧はこちら