メニュー

交通事故弁護士

非器質性精神障害による損害について請求した事案

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

非器質性精神障害による損害について請求した事案

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
非器質性精神障害
争点:
休業損害
逸失利益
対応事務所:
千葉支部

事案の概要

事故の状況は、ご依頼者様が交差点を直進で通過しようとしていたところ、左方から信号無視の車が衝突してきて、ご依頼者様の車両が横転したというもので、事故後、ご依頼者様は、フラッシュバックに悩まされたり、他人との意思疎通にも支障を来すなどの障害が残ることとなりました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様の事情を伺った上で、まずは後遺障害等級を獲得することを目指しました。

非器質性精神障害について後遺障害が残ったことを証明するためには、ご家族等の身近な人の協力が必要となります。

そこで、まずご家族の方から事情を伺い、伺った内容を書面化することから始め、それを後遺障害等級認定のための資料として提出しました。

その結果、精神障害について、後遺障害等級14級9号が認定されました。

この結果を受けて、相手方保険会社と交渉をすることになりましたが、相手方は、家事労働に対する休業損害及び逸失利益について、当方の提示よりも相当に低い額を提示してきました。

そこで、当方からは、非器質性精神障害の特殊性や、ご依頼者様の現在の状況、過去の裁判例を示して交渉を行いました。

その結果、休業損害について約202万円、逸失利益については労働能力喪失期間を15年とし、治療費等の既払金を除いて約620万円を追加で支払われることで示談をすることができました。

千葉支部の解決事例一覧はこちら