メニュー

交通事故弁護士

主夫としての休業損害が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

主夫としての休業損害が認められ、通院実日数の約半分に相当する日数分の休損が支払われた事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
賠償金額
主夫としての休業損害
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害 主夫として休業損害を獲得
賠償金額 提示無し(金額提示前) 約80万

事案の概要

ご依頼者様の運転する車が道路を直進中、前方の車が停止したのに続いて停止したところ、後続車から追突されたために、ご依頼者様が負傷しました。

この事故により、ご依頼者様は、3か月以上も通院を要する頚椎捻挫・腰椎捻挫を負いました(まだ痛みは残存していたのですが、諸事情により途中で通院を中止されました)。

ご依頼者様は、事故当時、小さなお子様を養育しており、お仕事に就けるような状態ではありませんでした。
そして、実際に育児に支障が出ており、女性と同様、主婦としての休業損害を請求できるかどうか、心配されて、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、担当弁護士は、主夫としての休業損害を請求するにあたって、家事従事者であることの立証資料が必要であると考えました。

健康保険等の扶養関係、家族構成、同居者の稼働状況、主夫業の具体的な内容を聞き取った上で、必要資料を取り寄せたり、休業の必要性等を書面にまとめました。

そして、担当弁護士が加害者側の保険会社と交渉したことによって、訴訟外であるにもかかわらず、主夫としての休業損害として、通院実日数の約半分に相当する日数分の主夫休損が損害として認められました。

主夫としての休業損害が認定され、また、賠償額も十分に獲得し、ご依頼者様にご納得いただける示談を成立させることが出来ました。

千葉支部の解決事例一覧はこちら