メニュー

交通事故弁護士

3年前に購入した国産車の評価損を修理費の1割認めさせた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

3年前に購入した国産車の評価損を修理費の1割認めさせた事例

争点:
評価損
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0円 修理費の1割 認められにくい評価損を獲得

事案の概要

ご依頼者様の運転する車が進行方向の信号機が赤色表示となったため停止していたところ、交差道路から交差点に進入し、右折しようとした加害者の運転する車が、右折先の対向車線で停止していたご依頼者様の運転する車に衝突しました。

この事故により、ご依頼者の運転する車は、フロントバンパーの取替、右フロントドアパネルの取替などを要する損傷を受け、修理費が約53万円にも上りました。

ご依頼者様は、この損傷した車(国産車)を事故から3年くらい前に新車で購入されて、約6万キロ走行されておりましたが、大事に乗車していたために、評価損がなぜ損害として認定されないのか、専門家に依頼する必要性を感じ、弊所に相談されました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、もちろん、交渉段階では、加害者側の保険会社(今回は、さらに、加害者側の保険会社の顧問弁護士が介入しておりました。)が、評価損を損害として認めてこないことを承知しておりました(国産車で、初年度登録から3年が経過している車であると、裁判を起こしたとしても、評価損が損害として認められることはなかなか難しいといえます。)。

しかし、それだけで諦めることはせず、担当弁護士は、ご依頼者様の車の損傷状況をきちんと調べ、中古車市場だけでなく、一般財団法人日本自動車査定協会などの統一基準に照らしても、修復歴(いわば事故歴)が付いてしまうほどの損傷を受けていることや、車両の内部の部品の取替まで要しているような重大な損傷を受けていることを丁寧に主張立証しました。

当初は、評価損について修理費の2割分を請求していましたが、交渉の結果、修理費の1割部分についての評価損を獲得することが出来ました。

獲得した金額だけ見れば、6万円にも満たない金額ですが、裁判を起こしたとしても認められにくい評価損を、交渉段階できちんと主張立証し獲得できたために、ご依頼者様にとって満足な解決に至ることができたと考えています。

千葉支部の解決事例一覧はこちら