メニュー

交通事故弁護士

受任から2週間で120万円増額し示談した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

受任から2週間で120万円増額し示談した事例

後遺障害等級:
14級
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約230万 約350万円 約120万円の増額

事案の概要

知人の方が運転し、ご依頼者様が同乗する車が信号機による交通整理の行われている交差点において、対面信号が赤色表示であったために、停止していたところ、後続する加害者の運転する車両がご依頼者様の同乗する車両に追突しました。

この事故により、ご依頼者が同乗する車は、大破し、頚部挫傷、腰部挫傷を負い、9カ月以上の通院加療を要しました。
ご依頼者様は、加害者側(加害者本人及び加害者の加入する保険会社)の不誠実な対応に納得がいかず、また、適正な賠償を獲得するために、専門家への相談の必要性を感じ、弊所に相談されました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、加害者側保険会社が提示した傷害(通院)慰謝料額が、加害者側の内部基準に基づいて提示されていることに着目しました。
また、後遺障害慰謝料についても、自賠責保険基準(32万円)での慰謝料額にとどまっていることにも着目しました。
さらに、後遺障害等級14級が認定されているにもかかわらず、逸失利益の算定において、労働能力喪失期間が3年に短縮されてしまっていることにも着目しました。

担当弁護士が、診断書やレセプト、後遺障害診断書等を吟味して、裁判基準での慰謝料額の請求、労働能力喪失期間を伸長して逸失利益の請求をして、加害者側保険会社と賠償金の交渉をしました。
ご依頼者様からご依頼いただいてからわずか2週間の交渉で、裁判基準での慰謝料額の9割や、労働能力喪失期間5年での逸失利益という、当方の請求額のほぼ満額で示談することができました。

担当弁護士の迅速な対応、丁寧な賠償交渉の結果、慰謝料や逸失利益等を含めて、当方の請求額のほぼ満額を交渉で獲得し、受任してからわずか2週間という短期間で、裁判に移行せずに大きな金額を獲得することが出来ました。
裁判に移行せずに交渉段階できちんと損害額を主張立証し、大きな賠償額を獲得できたために、ご依頼者様にとって非常に満足な解決に至ることができました。

千葉支部の解決事例一覧はこちら