交通事故弁護士

収入の無い学生の逸失利益等の交渉で約220万円増額した事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

収入の無い学生の逸失利益等の交渉で220万円増額した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
神経症状
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 90:10 100:0 過失を無過失に
賠償金額 約180万円 約400万円 約220万円以上の増額

事案の概要

本件事故は車とバイクの衝突事故であり、被害者の方はバイクを運転していた方です。事故当時は学生でアルバイト等の収入はありませんでした。相談時点で後遺障害14級9号が認定済みであり、相手方保険会社からの金額提示がなされていた事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件は、弁護士特約がなく、いわゆる0スキーム(着手金0円での完全成功報酬制)で事件受任となったものです。訴訟手続に移行した場合、別途着手金が生じうることに鑑みますと、可能な限り交渉で解決することが依頼者利益に沿う事案でした。

保険会社の当初提示では、入通院慰謝料が赤本基準に比べ低額であったこと、逸失利益が、男子の全学歴全年齢平均給与を元に、喪失期間4年として算定されていたこと、後遺障害慰謝料は赤本基準の8割の提示であったこと、被害者の方に1割過失が課されていたものです。

これに対し、弊所で再算定を行い、過失割合についても100対0とすることを前提に交渉を行いました。特に、事故当時大学院生であり、事故によって一年留年を余儀なくされたことも併せて主張し、逸失利益については、大卒全年齢平均を用いた点や入通院慰謝料額の点で大幅な増額が行われた結果、保険会社が当初提示していた差引支払額から、220万円の増額に成功しました。

これは弊所の算定した差引支払額から見ても、約10万円の譲歩に止める形で交渉成立に至ったものです。
弁護士特約のない事案であったことから見ても、増額交渉の成功例として、良い解決に至った事例の一つと考えられます。

福岡支部の解決事例一覧はこちら