交通事故弁護士

過失割合において、一方的な加害者の主張に対し、事故現場の検証・立証を行い和解に至った事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

過失割合において、一方的な加害者の主張に対し、事故現場の検証・立証を行い和解に至った事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
怪我なし
争点:
過失割合
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 90対10 30対70 90の過失を30に修正

事案の概要

ご依頼者様が、道路左側にある店舗の駐車場へ左折進入(路外進出)しようとしてところ、左側の隙間から追い越そうとしてきた加害車両と接触した事故でした。幸い怪我はなかったのはよかったのですが、事故態様について、加害者が明らかに嘘の主張をしてきたことから、ご依頼者様としては、納得が出来ず、ご依頼いただきました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

正直、双方の損害額は数万円の事故でしたので、修理は各自で行うという解決もあるところ、加害者は、ご依頼者が一方的に悪い100:0事故だと主張してきたことから、訴訟にまで発展しました。

ドライブレコーダーが普及し、事故状況が動画で保存されることも多くなってきていますが、多くの事故では、目撃者がおらず、当事者ら以外に事故状況を知るものがいません。尋問をしたところで、結局、双方の記憶があいまいな部分も多く、事故態様がはっきりしないという結果も多くあります。本件もそうなってしまう可能性があったのですが、まずは、「事故現場だ」と思い、事故現場へ出向きました。

すると、段差や、側道、路側帯の状況、事故現場までの道の状況などからすると、明らかに加害者の主張が物理的に不可能であることがわかりました。

現場の道路状況を写真撮影、計測のうえ、主張立証を行ったところ、裁判所から強く和解をすすめられ、こちらの主張通りのご依頼者様30:加害者70で和解となりました。事故現場の確認は大切だと改めて思った事案でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら