メニュー

交通事故弁護士

交通事故直後からご依頼頂き、後遺障害14級が認定され総額310万円の保険金を受け取ることができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交通事故直後からご依頼頂き、後遺障害14級が認定され総額310万円の保険金を受け取ることができた事例

後遺障害等級:
14級
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

ご依頼者様は、車で信号待ちをしていたところ、後方から加害車両に追突され、追突直後から頸部・腰部の痛み、手の痺れ等の症状を訴え、個人の整形外科病院へ通院しておられましたが、交通事故直後で、「これからどうすればいいかわからない。いつまで通院したらいいのか、治療費は保険会社が支払ってくれているので、現状のところ不満はないが、不満が出てから弁護士に依頼するものなのか。」といった弁護士に依頼するタイミングがわからないというご相談から始まりました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

いわゆるオカマ事故によるムチウチという症状であっても、画像所見、神経学的所見、治療経過等によっては後遺障害等級が認定されるのですが、画像所見、神経学的所見、治療経過は医師の治療方針に左右されると言っても過言ではなく、適切な時期に適切な検査を行ってもらうことが重要になってきます。

後になって、検査が不十分だったとわかってもどうしようもありません。中には適当な診察、治療しかしていないと思わざるを得ない医師もいます。最悪なのは、保険会社の顔色をうかがっている医師です。

まず、どのような検査、治療がされているかを調査する必要がありますので、事故直後から弁護士へご依頼されることをおすすめしました。

本件では、現状の治療内容がわかる資料を収集し内容を精査すると、予想以上に適切な検査が行われ、その検査結果も各月の診断書へ詳細に記載されていたので、ご依頼者様には、医師を信頼して治療を継続していただくことにしました。

結果、ご依頼者様は、約1年間の通院中も相手保険会社から治療費を打ち切られることなく、画像等の他覚的所見に乏しかったものの、治療経過から後遺障害等級14級が認定され、入通院慰謝料110万円、後遺障害慰謝料100万円、後遺障害逸失利益約80万円で合意でき、治療費を除き総額約310万円の保険金を受け取ることができました。本件は、たまたま医師に恵まれたといえる事案でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら