メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級に異議申立てをした結果、約950万円増額された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級に異議申立てをした結果、約950万円増額された事例

後遺障害等級:
9級
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
顔面部の切り傷
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級 9級 等級5級アップ
賠償金額 約150万円 約1,100万円 約950万円の増額

事案の概要

ご相談者様は、交通事故により頸椎捻挫、顔面部の切り傷等を負われたのですが、相手保険会社任せで後遺障害等級認定の申請をされて14級の認定を受け、相手保険会社から約150万円の提示を受けておられました。

しかし、顔面部の縫合痕に関しての後遺障害等級の認定が抜け落ちており、異議申し立ての結果、9級が認定され最終的には約950万円の増額となった事案でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様からご相談いただいたきっかけは、相手保険会社の提示額が適正かどうか不安に感じられたことでした。まずは、事故の状況、お怪我の内容、通院状況等を伺うとともに、相手保険会社からの提示額に関する書類、後遺障害等級認定票を見せていただきました。明らかに低額でした。

よくある任意保険基準の事案かな?と思いましたが、大きく顔面を縫っているのに、後遺障害等級認定票に外貌醜状に関する判断内容が記載されていませんでした。

そこで、後遺障害診断書を相手保険会社から取り付け、後遺障害診断書を確認すると、醜状障害の部分に何も記載がありませんでした。

ご依頼者様に話を伺うと、等級認定されそうな傷痕が残っていそうだったので、主治医に再度後遺障害診断書を書いてもらうことにしました。幸い、ご依頼者様と主治医との関係が良好だったので、再度の診断の際に同席をお許しいただくことができ、細かく書き方を説明することもできました。

診断書にケチをつけるわけですから気を遣う場面です。医師に同席を断られることはよくあります。

新しい診断書をもとに異議申し立てをしたところ、無事に9級が認定されましたが、ここからは保険会社との交渉です。

案の定、相手保険会社は、外貌醜状があったとしても収入への影響は5%程度だと主張してきました。

ここからは、外貌の場所、程度、お仕事の内容、年齢等を丁寧に説明し労働能力喪失率20%及び喪失期間67歳までで合意できました。

最終的には、ご相談に来られた時に比べ、総額で約950万円増額となり、ご依頼者様は適切な保険金を受け取られました。

本件は、相手保険会社任せにしていた結果、危うく後遺障害が見落とされるところでしたし、異議申立手続きのため解決まで時間がかかってしまった事案でした。

このような事案があるので、弊所では、後遺障害等級認定の申請を弁護士へ依頼することを強くおすすめしています。

福岡支部の解決事例一覧はこちら