メニュー

交通事故弁護士

レンタカーの修理期間における休車損害が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

レンタカーの修理期間における休車損害が認められた事例

争点:
休車損
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

レンタカー会社の貸出用車両と一般の車両との交通事故で、レンタカー会社が、事故によって当該車両を利用できなかったことによる損害を請求したという事案でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故によって、修理の間、営業用車両を利用できなかった場合、その車両を用いて得られたであろう利益については請求ができます。

もっとも、単純に売上額を請求できるわけではなく、あくまで利益額が損害となることから、請求しても容易には認められません。

本件では、レンタカーという性質上、その車両を稼働させなければならなかったのか、他の車両を貸し出すことで足りるのではないか、いわゆる遊休車両の存在が問題になってきます。

また、レンタカーについては、観光客向けの貸し出しなのか、それとも事業用の貸し出しなのかで、繁忙期も異なってくるので、料金等も異なります。

保険会社と交渉してみたところ、やはり、それらの点が主な争点となるとともに、修理期間についても争いになりました。

そこで、保有車両台数、当該車両を含む保有車両の稼働実績・稼働率、売上、料金、貸出対象者の種類等を調査の上、資料を提出したところ、訴訟へ発展することなく、無事に保険会社に損害を認めてもらうことができました。

休車損の金額算定は複雑です。保険会社としても客観的な資料をもって説得的に説明してもらわなければ支払えないのです。

福岡支部の解決事例一覧はこちら