メニュー

交通事故弁護士

異議申立により後遺障害等級非該当から12級が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立により後遺障害等級非該当から12級が認定された事例

後遺障害等級:
12級13号
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 12級13号 等級非該当からの認定

事案の概要

後遺障害等級について非該当と判断され、異議申立も認められなかった被害者の方からのご相談でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、症状を伺ったうえ、後遺障害診断書、非該当通知の内容を確認したところ、レントゲンしか撮影されていないうえ、患者の症状がいい加減に記載された後遺障害診断書であり、非該当の理由も「画像上明らかではなく他覚的に神経系統の障害が証明されていない。」「労災認定の基準を準用しており、その基準によると自覚症状自体が後遺障害に該当する程度ではない。」といった内容のありがちなものでした。

そこで、まずは、骨折部位のCTを撮影してもらい、画像所見を補強するとともに、正確に症状を記載した後遺障害診断書を新たに作成してもらいました。

残念というべきか、ご依頼者様の症状は、形式的には後遺障害に該当しないものである可能性が高かったことから、更に、同様の症状で労災において認定されている事案を調査し、同様の症状において労災認定がされている事例が多数ある以上、それを準用する自賠責においても同様に認定されるべきだとの主張を展開しました。

結果、無事に12級13号が認定され、適切な損害賠償請求が可能となっています。

福岡支部の解決事例一覧はこちら