メニュー

交通事故弁護士

物損事故で過失割合が争いになり、裁判でこちらの主張が受け入れられた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

物損事故で過失割合が争いになり、裁判でこちらの主張が受け入れられた事例

争点:
過失割合
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

物損のみの交通事故でしたが、事故態様の言い分が全く違い、過失割合が争いになる事案でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まずは、事故態様を詳細に伺い現地調査を行ったところ、加害者の主張する事故態様が不合理であるとの印象を強く持ちました。

加害者は、ご依頼者様が幅寄せしてきたというのですが、車幅や実際の道路状況、駐車車両の状況からすると、加害車両が被害車両の左に進入することは不可能で、幅寄せなどできない状況でした。

しかし、加害者(保険会社)は全く主張を譲らず不合理な言い分に固執してきましたので、裁判を起こしました。

結果、こちらの主張が受け入れられ、加害者が主張する過失割合とは正反対の過失割合で解決できました。

本件は、軽微な物損事故であったことから損害額は決して大きくはありませんでした。しかし、被害者といえども、加害者の車の修理費を過失割合に応じて負担しなければなりません。

対物保険を使えば保険料が上がるでしょう。過失が小さく少額な修理費で済むのであれば、対物保険を使わないという選択もできます。

このように軽微な物損事故でも過失割合は重要な関心事なのです。

幸い、ご依頼者様が、弁護士特約に加入されていたので、費用を気にせず裁判を起こせたので徹底的に争えましたが、弁護士特約が無ければ、弁護士費用の負担を考え、適当なところで示談せざるを得なかったかもしれません。

福岡支部の解決事例一覧はこちら