メニュー

交通事故弁護士

認定された等級を覆されないよう示談を進め、十分な賠償金額で解決できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

認定された等級を覆されないよう示談を進め、十分な賠償金額で解決できた事例

後遺障害等級:
11級
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

既に後遺障害等級11級を認定されている方から、適切な損害額についてのご相談でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

既に後遺障害等級11級を認定されておられましたが、まず、後遺障害診断書、治療中の診断書やレセプトなどを確認しました。

その後は、ご相談者の収入、現在無職の場合であれば過去の収入、学歴等を参考にどの程度の基礎収入とすべきかを検討しました。

すると、後遺障害等級11級が認定されているものの、認定理由に記載のような治療が行われておらず、裁判では、ひっくり返される可能性を感じました。

確かに裁判所は、自賠責の後遺障害等級を重視しますが、とはいうものの、カルテの記載を見て、認定等級と合致しない症状であれば、認定等級以下を判決で認定したり、等級を維持するものの労働能力喪失率を低くしたり、喪失期間を短くしたりするなど調整を行います。

また、求職中の事故であったことや、以前の収入が低額であったことから、裁判所では基礎収入が低く認定される可能性が高い状況でした。

そこで、後遺障害等級を維持しつつ、賃金センサスをもとに基礎収入を認めさせることが出来るのであれば、多少慰謝料を削られても示談する方針としました。

幸い、保険会社とは、後遺障害等級自体に争いは無く、賃金センサスを前提に労働能力喪失率20%、喪失期間67歳までで折り合いがついたことから、慰謝料は赤本基準より少し譲歩したものの十分な金額で解決できました。

後遺障害等級が認定されているからといって安易に裁判をすべきではなく、もし、裁判になっていれば、200~300万円は少なくなっていたと予想された事案でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら