メニュー

交通事故弁護士

事故で足を骨折したものの、骨癒合が良好で画像所見が無かったが、治療経過などから14級9号が認定された事案

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

事故で足を骨折したものの、骨癒合が良好で画像所見が無かったが、治療経過などから14級9号が認定された事案

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
骨折
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

交通事故で子供が足を骨折したという事故で、子供の事を心配されたお母様から、子供なので面倒くさがって病院に行ってくれないし、症状をうまく伝えられていないのではないか、そのせいで十分な賠償をしてもらえないのではないかと心配されてご相談いただきました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

お母様のご心配のとおり、交通事故の入通院慰謝料は、通院の有無、症状の程度等が評価されますので、通院はしていただくことは重要です。痛みを我慢して通院を中止してしまえば治療は終わったと判断されかねませんし、症状は適切に医師に伝えなければ、医師も「症状が軽い」「症状が軽快した」「症状は認められない」と診断書等へ記載することになってしまいます。

かといって、なんでも訴えれば、詐病や大袈裟に訴えていると思われ医師が非協力的になってしまうこともあります。

当たり前ですが、小さいお子様でしたので通院付添費用を請求できることを伝え、病院へ付き添ってもらうことをお願いしました。

そのうえで各種画像検査、神経学的検査などを行ってもらったところ、骨癒合も良好で有意な検査結果が認められませんでした。

そこで、通院状況や症状の推移、治療内容、治療経過などから自覚症状を説明できるように、治療中の診断書への記載内容、後遺障害診断書の記載内容について御説明し、無事に後遺障害等級14級9号が認定されました。賠償額については、通院付添費も含め赤本基準で示談となりました。

福岡支部の解決事例一覧はこちら