メニュー

交通事故弁護士

異議申立てが奏功し、後遺障害等級非該当から14級9号が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立てが奏功し、後遺障害等級非該当から14級9号が認定された事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級9号 非該当からの等級認定

事案の概要

被害者の方は、追突事故により頚椎・腰椎捻挫と診断された方です。治療終了後、事前認定にて後遺障害等級認定申請を行うも非該当と判断されたことから、増額交渉の他、異議申立ても希望されていた方です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事前認定に用いられた後遺障害診断書には、一見して不利と思われる記載があり、同記載は非該当の理由にも引用されていました。

当事務所介入後、後遺障害診断書を発行した医療機関から、後遺障害診断書の当該記載を訂正する旨の診断書を取得し、その上で、非該当の理由にも引用されている同記載は、医学的根拠の下に記載されたものでないこと等を異議申立ての理由に挙げるとともに、事故態様の大きさや治療経過等を丹念に指摘した結果、無事異議申立てが認められ、後遺障害等級14級9号の認定を得ることができました。

異議申立てを行う前段階の後遺障害診断書の訂正獲得に期間を要したことから、後遺障害等級を得た後、迅速かつ最大限の被害賠償を求めて保険会社と交渉を行った結果、主婦であることを前提に、賃金センサス【女性 学歴計 全年齢平均 】を基礎収入に、喪失期間5年での逸失利益を獲得した他、慰謝料・後遺障害慰謝料共に赤本基準満額での示談を、後遺障害等級認定後2週間足らずで得ることができました。

一般に異議申立てが奏功する割合は多くはありませんが、後遺障害等級の有無は得られる損害賠償額に大きく影響するものですので、見込みの有無を確認するためにも、一度弁護士に相談されることをお勧めいたします。

福岡支部の解決事例一覧はこちら