メニュー

交通事故弁護士

兼業主婦の休業損害が実収入の約2倍の金額で認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

兼業主婦の休業損害が実収入の約2倍の金額で認められた事例

後遺障害等級:
非該当
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰部打撲
争点:
過失割合
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

歩行中に車に轢かれたという交通事故で、頸椎捻挫、腰部打撲などの傷害を受けたのち、首、腰に疼痛が残存したものの、後遺障害等級認定申請としては非該当となった事案でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、後遺障害等級の認定の妥当性について検討したところ、既往症の影響があり、残念ながら異議申立が認められませんでした。

そこで、休業損害、慰謝料などの損害額をできるだけ大きくするために準備を進めました。

フルタイムのお仕事をされていた場合、実収入で休業損害が認定されるのが通常ですが、この方の場合、仕事以外にも家事も頑張られていたので、具体的な生活状況を踏まえ、また、肉体的のみならず精神的な負担も伝え、休業損害は実収入の2倍程度になる賃金センサスをもとに算定し、慰謝料も裁判基準通り認められました。

訴訟になれば、休業損害が主婦休損で認められる可能性は高くはなく、既往症による素因減額の可能性もあった事案でしたので、交渉による解決が功を奏した事案でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら