メニュー

交通事故弁護士

むちうちの治療期間について訴訟提起となった事案で賠償金額が約2倍以上増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

むちうちの治療期間について訴訟提起となった事案で賠償金額が約2倍以上増額した事例

後遺障害等級:
14級9号(併合14級)
ご依頼者様の症状:
頚部・腰部捻挫
頭部外傷
争点:
賠償金額
治療期間
労働能力喪失期間
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約103万円
(相手方主張の
差引支払額)
約228万円
判決での認定額
(≒差引支払額)
2倍以上の増額

事案の概要

本件事故は、ご依頼者様が原付バイク、相手方が四輪自動車の非接触事故です。
事故現場は丁字路交差点であり、前方は道幅が減少していたところ、対向車線上から相手方車両が進出し、これを回避するため、ご依頼者様が転倒し、事故現場付近の鉄製門扉に激突したという事案です。

ご依頼者様の原付バイクは全損となり、衝突した門扉も変形した他、ご依頼者様自身も、頭部外傷の他、9カ月以上の通院を要する頚部・腰部捻挫の傷害を負ったものです。

治療終了後、残存した疼痛等症状について、頚部・腰部共にそれぞれ後遺障害等級別表第二第14級9号が認定されています(併合14級)。

これに対し、相手方保険会社は①治療期間を4ヶ月のみに限定し、入通院慰謝料を著しく減縮し、②逸失利益についても労働能力喪失期間を3年に限定する旨主張していました。
双方の主張は平行線となり、金額的な開きが大きかったことからやむなく訴訟提起に至ったものです。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

訴訟では、治療期間の点が主な争点として争われました。
相手方からは、いわゆるむちうち損傷であり、治療期間は3~6ヶ月程度に限定される旨等の主張がされていました。

これに対し、当方からは、事故態様(ご依頼者様は原付バイクであり、衝突した鉄製門扉が湾曲するほどの事故)の点や、カルテの記載の指摘の他、MRI画像を選別し、椎間板膨隆等の所見を当該画像を摘示しています。
ご依頼者様の約9ヶ月に亘る治療は、医学的必要性に基づくものであることを具体的に主張立証しています。

その結果、判決は当方の主張(後遺障害診断書の記載通り)の治療期間が認定されたものです。
(逸失利益もこちらの主張通り、喪失期間5年と認定されています。)

訴訟は、どうしても時間がかかってしまうものです。
また、判決の結果を100%予測することは困難であり、敗訴リスクも踏まえなければなりません。

本件は判決までに約10ヶ月の期間を要していますが、上記主張立証の結果、ご依頼者様の辛い症状が適切に評価され、ほぼこちらの言い分通りの判決となったことで、相手方の主張していた賠償金額の倍以上の増額を勝ち取っています。
手前味噌で恐縮ですが、訴訟提起の判断と、その後の主張立証が奏功した事案と言えるでしょう。

福岡支部の解決事例一覧はこちら