メニュー

交通事故弁護士

追突事故で評価損が争いとなり、修理費用30%の評価損を認めさせることに成功した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

追突事故で評価損が争いとなり、修理費用30%の評価損を認めさせることに成功した事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
なし
争点:
評価損
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0 30% 評価損を認めさせることに成功

事案の概要

本件事故態様自体は、単純な追突事故でした。
被害車両の評価損を認めるかどうかで争いがありました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件事故では、評価損が認められるか、認められるとして、金額はどのように決せられるべきか争いになりました。
評価損は、保険会社がなかなか認めたがらない賠償費目の一つです。被害車両は国産車で登録後1年以上が経過していたこと、走行距離も長めだったこと、修理費用も高額とはいえなかったことから、相手方保険会社は、当初評価損を認めようとしませんでした。

担当弁護士は、同型車両の修復歴の有無別の市場価格の統計から算定される市場価値の低落の程度などの資料を基に、依頼者には、車の資産価値が下がるという明らかな損失が発生していることを粘り強く主張しました。
その結果、修理費用の30%と、裁判例に照らしても比較的高額の評価損を認めさせることに成功しました。

評価損は、裁判例でも、修理費用を基準に計算されます。修理費用を基準とする評価損では、中古車市場における修復歴の有無により生じる価格差より遥かに少ない金額しか損害として認められません。このような結論は不当なように思われますが、数々の裁判例に真っ向から対立する主張を行うわけにもいきません。裁判例で認められた範囲の中で、可能な限り高額の評価損が認められるよう、立証を尽くしていきたいと思います。

福岡支部の解決事例一覧はこちら