メニュー

交通事故弁護士

医師面談等により14級9号が認定された他、紛争処理センターを利用しあと一押しの増額まで踏み切った事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

医師面談等により14級9号が認定された他、紛争処理センターを利用しあと一押しの増額まで踏み切った事例

後遺障害等級:
14級9号(併合14級)
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
頭部打撲
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額(既払除く) 提示無し(賠償金提示前のご依頼) 約155万円

事案の概要

本件事故は、ご依頼者様が小型バイク、相手方が四輪自動車であり、交差道路間での接触事故です。

事故により、ご依頼者の小型バイクは全損、ご依頼者様自身も、頚椎捻挫により約1年間の通院を要していたものです。

ご依頼の時点で治療は終了しておりましたが、後遺障害等級認定申請未了であり、まずはその申立てから検討すべき事案でした。しかしながら、主治医の作成した後遺障害診断書には、「他覚的所見」の欄の記載があまりにも乏しく、そのままの内容で認定を得ることは困難と考えられました。

そこで、弊所弁護士が主治医と面談し、後遺障害診断書の追記等をお願いするところから着手したものです。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

医師面談の結果、後遺障害診断書には一部追記がなされました。
その結果、後遺障害等級14級9号の認定を得ることができました。

これを基に相手方保険会社と賠償金額の交渉を行いましたところ、金150万円までは増額したものの、その後双方の主張は平行線となりました。

ご依頼者様は、約一年間の通院により、既払い治療費は100万円を優に超えていました。

既払金(治療費等)からも、ご依頼者様の過失分(15%)は差し引かれますし、その余の事情に鑑みても、本件における差引支払額「150万円」は、任意交渉段階における解決としてはある程度妥当な金額とも考えられるものです。さらなる増額を求めるにあたり、その手続選択は慎重を要するところでした。

本件は、主たる傷病名がむちうち症の事案です。

約一年という通院期間に鑑みれば、訴訟提起した場合、「治療の必要性」は確実に争点とされていたでしょう。医師面談の内容等に鑑みると、本件における敗訴リスク(150万円より低い金額となるリスク)は低くありませんでした。そこで、本件では紛争処理センターを利用することにより、約5万円の「あと一押し」を獲得したものです。

医師面談を先行させたことで、後遺障害等級の認定を無事に獲得したことはもちろん、想定されるリスクにも配慮の上で、増額の見込みとの衡量をギリギリまで行い、これが奏功した事案でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら