メニュー

交通事故弁護士

記載内容が不十分な後遺障害認定書に対し主治医に働きかけ、後遺障害が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

記載内容が不十分な後遺障害認定書に対し主治医に働きかけ、後遺障害が認定された事例

後遺障害等級:
10級11号
ご依頼者様の症状:
足関節の可動域制限
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

歩行者対車両の事故で、足を骨折等された方から、何らかの症状が残った場合にどうなるかご心配になられてご相談を受けました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

交通事故で骨折し、プレート等で固定することはよくあります。手術までするような事故だったのですから、予後をご心配されることは当然です。

本件では、ご依頼者様に過失が認められる事案なうえ、治療が長期化することが予想されたので、まず、健康保険を利用した通院をお薦めしました。治療中の病院は保険診療を拒否したので、保険診療を受けてくれる病院を探し転院してもらい、適宜、各種検査を受けて頂きながら治療を進めてもらいました。

治療が終了したところで、主治医に後遺障害診断書を書いていただいたのですが、記載内容が不十分でしたので、主治医に確認したうえで、後遺障害診断書の記載を補う若しくは修正する内容の意見書を頂戴し、後遺障害診断書に添付して後遺障害認定申請を行いました。細かく症状の推移や検査結果を確認すると、正直、不利な内容を告げられることやそもそも検査してこなかったことが発覚することも多いのですが、幸い、そのようなことは確認されませんでした。

結果的に、後遺障害診断書に記載されていた可動域制限についても他覚的所見が認められ、10級11号が認定され、適切な損害額をお受け取り頂きました。

骨折したからといって後遺障害が認定されるわけではありません。事故による骨折の多くは、骨癒合が良好であるため症状を裏付ける他覚的所見に乏しいとされ、後遺障害等級に該当しない結果となっています。ただ、実際に治療中の診断書や診療報酬明細書などで、治療や検査の内容を確認すると、単に各種検査がされていない場合や診断書へ記載がされていない場合が見受けられます。

後遺障害が認定されないであろう事案について、医師に嘘や大袈裟な内容の診断書等を書いてもらうなどは決してできませんが、後遺障害が認定されるべき事案について、治療不十分や検査不足、記載漏れで認定されないことは避けなければならず、そのお手伝いが出来た事案であったと思います。

福岡支部の解決事例一覧はこちら