メニュー

交通事故弁護士

個人事業主の基礎収入を高めに認めさせ、総額約440万円で示談した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

個人事業主の基礎収入を高めに認めさせ、総額約440万円で示談した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頚部痛
手の痺れ等の頸椎捻挫による諸症状
争点:
基礎収入額(休業損害・後遺障害逸失利益)
対応事務所:
福岡支部

事案の概要

交通事故で頚椎捻挫の傷害を負われた方で、めまい、吐き気、頚部痛、手の痺れ、握力低下等を訴えられ通院されていたのですが、その間、休業損害が僅かしか支払われなかったことからご相談いただきました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

頚椎捻挫では、めまい、平衡感覚障害、頚部痛、手足の痺れ、吐気、握力低下、脱力感など、様々な症状が現れます。多くは治療を経て改善するのですが、どうしても症状が残存することが多いものです。もっとも、重たい症状が残存する場合、頚椎捻挫とひとくくりにしてしまうことは危険です。中には、神経損傷・カウザルギー・RSDといったものや、極めて稀ですが脳脊髄液減少症といった疾患がある場合もあります。あくまで頚椎捻挫は、他の疾患を除外した結果にすぎません。

ご依頼者の方の場合も、症状が重たかったので、頚部XP、CT、MRI、MMT、深部腱反射、知覚テスト、スパーリングテストといった各種神経学的テスト、耳鼻咽喉科で平衡感覚機能テスト、脳神経内科で神経伝達速度検査、脳脊髄液減少症の検査などを受けて頂きました。幸いにも、各検査結果では問題なく、症状も改善していったのでよかったのです。結果的に、後遺障害等級14級が認定されました。

ここまでは、治療方針であったり後遺障害の認定といったものですが、並行して休業損害・後遺障害逸失利益、慰謝料といった損害額の算定も問題になります。本件では、自営業で確定申告が収入20万円程度でされていたので、保険会社もその内容で提示してきました。ここまではよくあるところです。しっかり資料をもとに説明しないと、十分な賠償は受けることができません。幸いにも、ご依頼者は、確定申告書類は当然として、税務申告書類、従業員が事業を継続されていたので事故後の月次の損益計算書も頂戴できましたので、それらをもとにご依頼者の収入を計算させていただきました。

結果的に、休業損害は事故から3ヶ月は100%、その後は50%、20%と傾斜をかけて症状固定まで、後遺障害逸失利益は5年間、5%分、慰謝料は赤本基準の95%でまとまりました。基礎収入に関しては、資料があったものの、架空経費の計上も多く、調整が必要な事案でした。基礎収入を高めに認めさせるかわりに、慰謝料を赤本基準の95%とした感じです。結論としては、治療費を除き、総額約437万円でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら