メニュー

交通事故弁護士

整形外科通院の中断等による様々なリスクを考慮し約40万円の増額に成功した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

整形外科通院の中断等による様々なリスクを考慮し約40万円の増額に成功した事例

後遺障害等級:
非該当
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
第5指中手骨骨折
争点:
休業損害
入通院慰謝料
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約55万円 約95万円 約40万円の増額

事案の概要

信号機のない交差点、双方四輪自動車、交差道路間の出合い頭事故の事案です。

ご依頼者様は、頚椎捻挫の他、第5指中手骨を骨折し、半年弱の間、通院加療を行っていました。骨折の程度は、手術を要するものではなかったようで、「アルフェンスシーネ」で固定し、保存加療を行っています。

もっとも、その通院状況は事故から1カ月半ほどで整形外科への通院を中断し、その後3カ月間は整骨院にのみ通院していた、というものであり、この点も問題となりえた事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件受任後、弊所にて後遺障害認定申請を行ったものの、非該当との結果となっています。
異議申立ても検討したのですが、頚部痛については、整形外科への通院を早々に中断し、整骨院のみの通院を行っていた点や、腱反射が正常とされている点に鑑みれば、奏功する見込みは高くありませんでした。
骨折部位の疼痛については、癒合状況が良好と評価され、関節外骨折であることや、治療経過等の点が非該当理由に挙げられており、診療録を取得しようにも、整形外科への通院は当初1カ月半のみ、後遺障害診断書作成依頼時の通院まで、約4カ月半何らの診察も受けていないという状況に鑑みれば、その見込みは高くないものと判断せざるを得ませんでした。

示談交渉においては、休業損害と慰謝料金額の点が問題となっています。
ご依頼者様は、二つの仕事を掛け持ちしていた方です。
もっともその内一つは、完全不定期、出勤予定日というものがそもそもなく、休業損害証明書の作成自体が困難というものでした。
事故前4カ月の稼働日数は7日間のみ、事故直前1カ月は稼働日数0日であり、これら事故前の稼働日数を元に治療期間中の休業損害を推計しても、その金額は6万円弱というものでした。

また、訴訟に移行した場合、上記の通院状況からは、治療期間の点等が強く争われることが予想され、交渉であれば得られたであろう金額を下回る結果となる危険も想定されるところでした。

そのため、本件はこの点を除外する一方で、もう一つの仕事にかかる休業損害について、事故前3カ月の収入を稼働日数で除算した金額(この点も争いのあった点です)を一日当たりの日当として、証明書記載日数の満額を獲得し、未払分約20万5千円の増額を獲得し、慰謝料も、当初提示から約30万円の増額を得る形で解決に至ったという事案です。

福岡支部の解決事例一覧はこちら