メニュー

交通事故弁護士

14級9号が認定された事案で505万円を超える賠償金を請求した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

14級9号が認定された事案で505万円を超える賠償金を請求した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
胸椎捻挫
腰椎捻挫
両手関節捻挫
争点:
逸失利益
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約312万円 約505万円 約193万円の増額

事案の概要

本件は、ご依頼者様がジョギング中、相手方が運転する軽自動車に轢かれたという事故です。ご依頼者様は、頸椎捻挫、胸椎捻挫、腰椎捻挫、両手関節捻挫等の診断を受け、後遺障害として併合14級が認定されました。
その後、それを前提に、相手方保険会社と休業損害や慰謝料等の増額交渉を行いました。

なお、ご依頼者様は自営業者であり、確定申告上の所得金額が固定経費を差し引くなどされていたため、実際の所得より低く記載されていたことから、休業損害の基礎収入額が主として争点となりました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、当初頸椎捻挫としか診断を受けておりませんでした。もっとも、ご依頼者様は事故時の記憶がなく、また、全身の痺れと痛み、視力低下等といった症状を強く訴えておられたので、当事務所の担当弁護士が、後遺障害等級認定の可能性に備え、整形外科や眼科に通われることをお勧めしました。その結果、後遺障害として併合14級が認定されました。

相手方保険会社との交渉では、当初、固定経費等を差し引かれた確定申告上の所得金額を基に休業損害として80万円程度しか提示されていませんでした。そこで、担当弁護士は、過去3年分の税務相談書帳簿を調べ、同様の事案の裁判例を参考にするなどして、基礎収入額を割り出し、それを基に交渉に臨みました。

交渉の結果、休業損害として約20万円、後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料として約90万円の増額を獲得し、治療費その他既払金を差し引いた上で約200万円を得るという形で解決に至りました。

福岡支部の解決事例一覧はこちら