メニュー

交通事故弁護士

逸失利益が認められることが稀な歯牙障害で逸失利益を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

逸失利益が認められることが稀な歯牙障害で逸失利益を獲得した事例

後遺障害等級:
11級→10級の加重障害
ご依頼者様の症状:
歯牙欠損など
争点:
逸失利益
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害逸失利益 0円 逸失利益5%喪失率7年 一部の逸失利益を獲得

事案の概要

歩行中に轢過され、歯が折れる等の傷害を負った事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、被害者の業務内容が、肉体労働で歯を食いしばる機会が多いことから、歯牙障害により業務への影響が大きいことを具体的に主張しました。

その結果、逸失利益が認められることが稀な歯牙障害で、一部ではありますが逸失利益を獲得することに成功しました。

一般的には逸失利益が認められないとされているような事案でも、被害者の受けた後遺障害の内容から、労働への影響が大きいと考えられるのであれば、しっかりと理論構成し、損害を余すことなく請求していくことの重要さを再確認した案件でした。

福岡支部の解決事例一覧はこちら