メニュー

交通事故弁護士

交渉により休業損害を大幅増額し、早期獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交渉により休業損害を大幅増額し、早期獲得した事例

後遺障害等級:
無し
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
賠償金額(休業損害、入通院慰謝料)
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約37万円 約90万円 (治療費や既払い休損、
過失割合等を差し引いた金額)
過失割合 自賠責の枠内提示 10対90 過失割合を修正

事案の概要

信号のない交差点を直進走行中のご依頼者様(四輪自動車)に対し、交差道路右方から同車線上に右折進行してきた相手方車両が衝突、その結果ご依頼者様が頚椎捻挫等の傷害を負った事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件は、ご依頼者様の意向により、後遺障害等級認定申請は行なわず、傷害部分にかかる増額交渉を行った事案です。

通院期間が約三カ月であるため、増額幅は休業損害の増額交渉に大きく左右されるところでした。

兼業主婦であったご依頼者様の状況を踏まえ、賃金センサス全年齢、全学歴、女性を基に日額10,211円を前提に交渉を開始し、その結果、休業損害は当初提示額の約15万円から、約65万円に増額しています。

さらに、慰謝料部分の増額交渉(約36万円→約53万円)も行った結果、ご依頼者様の過失割合(1割)を差し引いても、倍以上の増額を獲得した事案です。

約3カ月という通院期間と比較しても、かなり高額な休業損害を、訴外交渉で早期獲得した点で、弁護士介入のメリットが顕著に生じた事案と言えるでしょう。

福岡支部の解決事例一覧はこちら