メニュー

交通事故弁護士

訴訟にて過失割合を10:90から、こちらの希望する0:100にすることができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

訴訟にて過失割合を10:90から、こちらの希望する0:100にすることができた事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫等
争点:
過失割合
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 10:90 0:100 過失を無過失に修正

事案の概要

優先道路を走行中の依頼者車両と、側道から優先道路に進入してきた車両が、交差点で出会い頭に衝突したという事故です。本件では、過失割合が主たる争点になりました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が相手方保険会社担当者と交渉したところ、担当者は別冊判例タイムズ38の原則どおりの10:90の過失割合から譲ることがありませんでした。
そこで、やむなく訴訟を提起し、検察庁、警察署への調査嘱託で、本件事故の目撃者の連絡先を得て証人尋問を行うことができました。

証人尋問の結果、目撃者が被告車両が一時停止していたところは見ていないと証言してくれたこと、事故現場の周囲の状況などから、裁判所は、原告には本件事故発生につき過失がないと判断し、依頼者の希望する0:100の結果を得ることができました。

福岡支部の解決事例一覧はこちら