メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級について異議申し立てを行い、160万円以上の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級について異議申し立てを行い、160万円以上の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
胸部打撲
争点:
過失割合
後遺障害等級
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 未確定 10:90
後遺障害等級 治療中のご依頼 14級9号
賠償金額 提示前 約160万円(既払金として約135万円を受け取っています)

事案の概要

本件は、交差道路(丁字路)間・自動車同士の出合い頭事故です。ご依頼者様が直進していたところ、一時停止規制のある左方交差道路から相手方車両が左折進出し、衝突したという事故です。ご依頼者様の車両損害額は約18万円、相手方車両損害額は約19万円と、極めて高額な修理費が生じた事故とは言えませんでした。

事故から半年で症状固定となり、後遺障害等級認定申請を行いましたが非該当とされ、異議申し立てを行ったところ14級9号が認定されたという事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件は物損も解決前の事案でした。そこで介入後まずは物的損害と過失割合について交渉を開始し、1:9での示談を成立させています。
丁字路交差点、一方に一時停止標示あり、自動車同士の事故における基本過失割合は15:85とされていますので(※)、ご依頼者様に有利な割合での示談となりました。

ご依頼者様には、症状固定後も右手のしびれ等の症状が残存していました。車両損害額初回の後遺障害等級認定申請では、「回復困難な障害とは捉え難い」こと等を理由に非該当と判断されたため、異議申立てに及んだ事案です。
再度カルテ等を精査し、トリガーポイント注射の実施や通院・治療の経過をさらに具体的に記述するとともに、ご依頼者様が症状固定後も自費通院を続けており、そこでもトリガーポイントが実施されていたこと等の事情を併せて記載した結果、異議申立てが認められ、無事14級9号の認定を得るに至った事案です。
等級を得た後、相手保険会社と交渉し、過失割合1割と既払い金(135万円、うち治療費47万円)を差し引いても、160万円以上の賠償を獲得するに至ったものです。

後遺障害等級認定申請における異議申立てが認められる割合は高くはありませんが、本件のように、異議申立てを行うことが不可欠という事案もございますので、認定申請の結果にお悩みの方は一度弁護士に相談してみることをお勧めいたします。

※別冊判例タイムズ38 民事交通訴訟における過失割合率の認定基準全訂5版、273頁【141】

福岡支部の解決事例一覧はこちら