メニュー

交通事故弁護士

高次脳機能障害が残存し併合4級が認定され、交渉の結果約1800万円の増額を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

高次脳機能障害が残存し併合4級が認定され、交渉の結果約1800万円の増額を獲得した事例

後遺障害等級:
併合4級
ご依頼者様の症状:
硬膜下血腫
硬膜外血腫
脳挫傷
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約5700万円 約7500万円 約1800万円の増額

事案の概要

本件のご依頼者様は、いわゆる高次脳機能障害が残存し、後遺障害等級併合4級が認定された方です。相手方保険会社から損害賠償額の提示を受けた状態でのご依頼でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件は高度の後遺障害が残存している事案でした。このような事案では遅延損害金だけでも高額となりますので、弁護士としては訴訟をお勧めしたくなるところです。

訴訟を選択した場合、本件の解決額よりも多い金額が獲得できる可能性もあったと思います。その旨ご説明した上でなお、ご依頼者様は訴訟に対する忌避感が強く、交渉での解決を強く希望されていました。
ご依頼者様のご意向を尊重した上で可能な限り最善を尽くすべく、相手方保険会社と交渉した結果、3割強・金額にして1800万近い増額を早期獲得することに成功した事案です。

増額見込みやリスク面等の衡量による”弁護士的な最善”をご依頼者様にお伝えすることは不可欠ですが、この”弁護士的な最善”をご依頼者様に押し付けてしまうのは「代理人」として好ましくない場合もあると思います。
事案の性質やご依頼者様の御意向に応じ、柔軟に対応することが求められると考えておりますので、まずは気軽にご相談いただければと思います。

福岡支部の解決事例一覧はこちら