メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級認定について異議申し立てをした結果、賠償金が約120万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級認定について異議申し立てをした結果、賠償金が約120万円増額した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
傷害慰謝料
後遺障害等級
後遺症逸失利益
後遺症慰謝料
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 83万円 203万円 120万円増額
後遺障害等級 認定前 14級9号 認定をサポート

事案の概要

本件は、ご依頼者様が片側一車線道路を走行中、前方車両が急ブレーキを踏んだため、御依頼者様も急ブレーキを踏んだところ、後続車両に追突され、押し出されて前方車両に衝突したという事故でした。後続車両の運転手は、携帯電話を操作しており、前方を全く見ていませんでした。ご依頼者様は、この事故で、頸椎捻挫のお怪我を負いました。

治療を終え、後遺障害認定申請をしましたが非該当という結果でした。
相手方保険会社から損害額の提示を受けた段階で、提示額が妥当なのか判断できないということでご相談いただきました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社の提示を拝見すると、傷害慰謝料が十分とはいえず、治療関係の資料を見ると後遺障害認定の余地は十分あり得るものと思われました。
そこで、弁護士法人ALGとしては、まず、異議申立てをすることをお勧めし、示談交渉に先立ち、異議申立てを行うことにしました。

異議申立てにおいては弁護士の意見書として、ご依頼者様の症状の出現時期・期間の長さや事故の衝撃が大きかったこと等を記載し、ご依頼者様の症状が後遺障害等級14級9号に該当する旨を主張しました。
そうしたところ、「医学的に説明可能な痛みやしびれなどが持続している」ことを理由に、14級9号が認定されました。

その結果を踏まえ、弁護士法人ALGは、相手方保険会社と、上記傷害慰謝料の増額、後遺障害逸失利益及び後遺障害慰謝料を求め、交渉を行いました。
特に、後遺障害逸失利益について、労働能力喪失期間が争われる場合が多く、本件でもそこが争われました。弊所としては、相手方保険会社に、御依頼者様の仕事内容、現在の症状等を説明し、御依頼者様が長期にわたり労働能力を喪失したことを主張しました。

交渉の結果、後遺障害逸失利益については、こちらの提案した満額が認められ、結論として約203万円を支払ってもらえるという形で解決に至りました。この約203万という金額は、相手方保険会社が当初提示した額より約120万円の増額ということになります。
このような金額で早期解決できて、ご依頼者様にも満足していただけた結果になったと思います。

福岡支部の解決事例一覧はこちら