メニュー

交通事故弁護士

訴訟の結果、過失割合を100:0から10:90に修正することができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

訴訟の結果、過失割合を100:0から10:90に修正することができた事例

ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
過失割合
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 100:0 10:90 有利な割合に修正

事案の概要

ご依頼者様が、片側2車線の道路の左側車線を自動車で走行していたところ、同じ道路の右側車線を自動車で先行して走行していた相手方が、強引に左側車線へと車線変更したために、ご依頼者様の自動車の前方中央部分と相手方の自動車の後部左側が衝突したという車線変更中に生じた交通事故です。
しかし、相手方は、合図をするなど適切に車線変更を完了した後の追突事故であるとして事故態様及び過失割合を争ってきました

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

福岡支部の担当弁護士は依頼を受けた後、直ちに刑事記録の取得手続に着手し、取得後ご依頼者様との打ち合わせを経て、相手方との交渉を試みました。しかし、相手方から交渉に関する進捗の連絡がほとんどなく、交渉が遅々として進まなかったため、紛争の長期化を避けるべく、やむなく訴訟を提起しました。

訴訟の中で相手方は、事故態様を争い、過失割合100:0の主張をしてきました。
事故態様について、担当弁護士は、双方の車の損傷状態とご依頼者様の主張する事故態様とが整合すること(相手方の主張する事故態様とが不整合であること)、捜査段階における相手方の事故態様に関する供述の変遷が不合理であることなどから車線変更中の事故であると主張しました。
その上で、過失割合については、相手方が適法に進路変更を行ったとはいえないこと、相手方の著しい過失によって引き起こされたことなどから過失割合として10:90を主張しました。

その結果、裁判所から、こちらの主張する事故態様が全面的に認められ、過失割合も10:90と認定され、ご依頼者様にとって有利に修正される結果を得ることができました。

福岡支部の解決事例一覧はこちら