メニュー

交通事故弁護士

訴訟になった場合のリスクを回避し交渉によりこちらの提示額に近い額で示談することができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

訴訟になった場合のリスクを回避し交渉によりこちらの提示額に近い額で示談することができた事例

ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
左肩打撲症
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 賠償金提示前 約179万円 金額提示前のご依頼

事案の概要

本件事故は、停車中のご依頼者様の車両に相手方車両が追突してきた、いわゆる追突事故です。
ご相談いただきました時点で治療の終了直前でしたので、ご依頼者様は、今後の相手方保険会社との間の賠償額の交渉について、弁護士に委ねたほうが良いとお考えになり、弁護士法人ALGにご依頼されました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件事故は、ご依頼者様の運転する4トントラックと相手方が運転する軽自動車との間の事故であり、ご依頼者様の物損はバンパーの損傷等で修理費としても合計10万円というものでした。そのような事故態様及び車両の損傷状態に加えて、ご依頼者様の通院期間及び通院頻度を踏まえると、本件が仮に訴訟になった場合には、相手方保険会社から、治療費の一部につき過剰診療であるとの反論がなされることが強く想定される事案でした。
そのような事情があったため、担当弁護士は、本件は保険会社との間の示談により解決すべき事案であると考え、早急に診断書等の示談交渉に必要な資料を収集し損害額を計算したところ、休業損害や後遺障害による損害が無かったことから、傷害慰謝料の金額について交渉することとなりました。そしてこちらの請求額を提示し、その後も相手方保険会社と粘り強く交渉を重ねていった結果、こちらの提示した請求額に近い金額で示談することができました。
本件は、こちらの提示額に近い額で示談ができたことに加え、訴訟になってしまった場合のリスクを回避し交渉で解決することができたこともご依頼者様にとっては良い結果であったのではないかと考えています。

福岡支部の解決事例一覧はこちら