メニュー

交通事故弁護士

開業して間もない個人事業主の休業損害の支払いを認めさせた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

開業して間もない個人事業主の休業損害の支払いを認めさせた事例

ご依頼者様の症状:
外傷性腰椎捻挫
外傷性腰部神経根障害
左足部捻挫
争点:
休業損害
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 賠償金提示前 約203万円 金額提示前のご依頼
過失割合 未確定 0対100 相手方が100%の過失

事案の概要

本件は、原動機付自転車で走行していたご依頼者様が、前を走る自動車の左折に巻き込まれた事故でした。
ご依頼者様は、本件事故で暫く休業を余儀なくされたのですが、委託販売業を自営で始めたばかりで、収入資料に乏しく、しかも、開業間もないために販売実績も不安定であったことから、保険会社が休業損害の支払いを渋っている状況でしたので、まずは、当座の生活費を捻出することが重要な事案でした。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まずは、慰謝料の内払を求めて、ひとまずの生活費を準備しました。
次に、休業損害です。委託販売業でしたので、何処から幾らで商品を仕入れ、幾らでどのように販売するかなどを整理し、開業から事故までの利益を算出しました。幸い、在庫を抱えるわけでもなく、1人で事務所を持たずにされていたので、売り上げに連動する変動費が少なく、固定費もほとんど発生しなかったので、そのことを説明のうえ、仕入れ価格と販売価格との差額を利益(限界利益)として保険会社へ請求しました。
結論としては、保険会社の回答は満額回答になりましたし、入通院慰謝料もいわゆる赤本どおりで解決できました。
小規模個人事業主の方の場合、過剰な経費計上されている場合やそもそも帳簿すらないという方も多く、休業損害の立証に苦労することが多いものです。

福岡支部の解決事例一覧はこちら