メニュー

交通事故弁護士

加害者から一方的に訴訟を起こされたが、経済的利益を獲得し示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

加害者から一方的に訴訟を起こされたが、経済的利益を獲得し示談が成立した事例

ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
争点:
過失割合
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約37万円支払いを求められる 約57万円 経済的利益を獲得
過失割合 未確定 1:9 適正な過失割合
加害者が無過失を主張していた事案 ご依頼者様1割、加害者側9割の
過失割合を前提に和解が成立

事案の概要

本件は、交差道路間・自動車同士の出合い頭事故です。
こちらから加害者に対し物的損害等について支払を求めたところ、交渉に応じることのないままに加害者側から訴訟が提起され、こちらに対し約37万円の支払を求めてきた事案です。

ご依頼者様は優先道路を直進していたのですが、加害者は、自分は頭を出して待機し、カーブミラー等で安全確認の上、交差点内に明らかに先入していた等の事実を主張し、自身のほうが過失は少ないと主張していました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、車の損傷はあったものの、幸いなことにお怪我はそれほど大きくありませんでした。ご依頼者様は優先道路を直進しており、基本過失割合では、加害者側の過失のほうが大きくなるものと考えられました。
本来的には訴訟をするほどの事案ではなかったのですが、加害者は独自のこだわりの強い方で、当方から物損等の請求についてお話合いを求めたところ、一方的に訴訟を選択されてしまい、やむなくこちらからも反訴した事案です。

訴訟では、加害者は交差点内への明らかな先入や、こちらの速度超過、前方不注視等を主張していました。
単なる先入では10程度過失を修正する事情に過ぎませんが、およそ出会い頭とは言えないほどに先入が著しいという場合はこの限りではなく、きちんと対応しなければ、こちらにとって不利な結論にもなりうるところでした。

そこで、事故状況について丹念に検討の上、加害者が主張する事故態様や安全確認の状況と相反する資料を提出するなど、丁寧に主張・立証を行った結果、裁判所からは、こちらの過失を1、加害者の過失を9とする和解案が提示され、ご依頼者様の側に差引約57万円(ご依頼者様が約60万円を、加害者が約2万6千円をそれぞれ相手から取得するという内容です。)の経済的利益を獲得させることができました。

こちらが誠実に対応しようとしても、相手方の属性によっては、訴訟での対応が不可欠とならざるを得ない場合もあります。特に初動対応を誤ってしまうと、本来ならば交渉で解決できた事案でも、感情的な対立等によって、交渉での解決が困難となってしまう場合もありますので、できるだけ早い段階で弁護士に相談しておくことをお勧めいたします。

福岡支部の解決事例一覧はこちら