メニュー

交通事故弁護士

異議申立ての結果、後遺障害等級が2級アップし1600万円の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立ての結果、後遺障害等級が2級アップし1600万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
併合10級
ご依頼者様の症状:
動揺関節等
争点:
後遺障害等級
損害賠償額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約800万円 約1600万円 約800万円増額
後遺障害等級 12級 併合10級 2級アップ

事案の概要

被害者がバイク走行中に事故に遭い、靭帯断裂等の傷害を負った事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

被害者は、靭帯断裂後の動揺関節(膝の不安定性)により満足に仕事ができない状態でしたが、相手方保険会社による事前認定では、膝の動揺性は考慮されておらず、可動域制限の後遺障害等が認定されていただけでした。
そこで、福岡支部の担当弁護士は、医師面談の上、膝関節の動揺性を証明するための追加検査等をお願いし、後遺障害診断書の再発行を受け、異議申立てを行いました。
その結果、後遺障害等級は2級上昇し、裁判基準満額の示談の結果となりました。

福岡支部の解決事例一覧はこちら