メニュー

交通事故弁護士

治療費打ち切りを通告された段階で相談を受け、1カ月の治療延長を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

治療費打ち切りを通告された段階で相談を受け、1カ月の治療延長を獲得した事例

ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
治療期間
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 賠償金提示前 約100万円 金額提示前のご依頼
治療期間 月末まで 1ヵ月の延長 打ち切りを回避

事案の概要

本件は、ご依頼者様が赤信号で停車中に、後続車が追突した、典型的な追突事故の事案です。
ご相談を受けた段階で、相手保険会社からは当月末での治療費打ち切りを通告されている状況にありました。
治療期間の延長交渉と、治療終了後の損害賠償請求について、ご依頼を受けた事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご相談をされた時点で、相手保険会社が通告していた打ち切り日までは3週間程度しか残されていませんでした。
保険会社が治療費を直接医療機関に支払う、いわゆる一括対応は、保険サービスの一環として行われているものであるため、法的に強制する術に乏しく、交渉によらざるを得ない面が大きいものです。
特に、一旦打ち切りと確定したものをひっくり返す、というのはそのハードルも高まってしまいますので、まずは早急に治療期間延長について、話し合いを行う必要がありました。
契約書を取り交わした後、速やかに相手保険会社に連絡し、その後も交渉を行った結果、当月末での打ち切りを回避し、治療費支払い期間の1カ月延長を獲得しています。

ご依頼者様は、後遺障害等級認定申請は行わないとのご意向であったため、治療終了後、診断書類等がそろった時点で速やかに示談交渉を開始し、交渉の結果、約100万円の賠償金を獲得することができました。
休業29日(給与所得者)、通院期間約4カ月の事案としては、比較的高水準な結果と考えられます。
相手保険会社とご自身で治療期間の延長交渉をするのは、とてもストレスのかかるものです。この点を弁護士に任せる、というだけでもメリットを感じられる方はおられることと存じますので、早い段階でのご相談をお勧めいたします。

福岡支部の解決事例一覧はこちら