メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級認定申請を行った結果、後遺障害等級12級相当の認定を受け、最終的に賠償金約400万円を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級認定申請を行った結果、後遺障害等級12級相当の認定を受け、最終的に賠償金約400万円を獲得した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
両耳鳴症
争点:
後遺障害等級
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約96万円 約400万円 依頼前より4倍強の増額
後遺障害等級 申請前 12級相当 適正な後遺障害等級を獲得

事案の概要

本件はいわゆる右直事故の事案です。ご依頼者様には頚椎・腰椎捻挫の他、両耳鳴りも生じていました。
弊所には事故直後よりご相談いただき、治療期間中の交渉から後遺障害の申請、損害賠償請求まで担当させていただきました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、事故から約8カ月間の治療を経て症状固定となりました。
弊所にて後遺障害等級認定申請を行った結果、両耳鳴り症につき、「後遺障害等級別表第二第12級相当」との認定を獲得し、これにより、自賠責保険から224万円をまず獲得しています。
その上で、自賠責の認定した後遺障害等級(12級)を前提に相手保険会社に損害賠償請求を行いました。
これに対し、相手保険会社は両耳鳴症の発症時期が事故直後でないこと等を主張し、逸失利益について喪失率は14級を前提とし、喪失期間は3年を主張していました。
その後の交渉においても、双方の主張内容や金額的な開きは埋まらず、やむを得ず紛争処理センターに対する申立てを行うことにした事案です。
紛争処理センターでも、相手保険会社は両耳鳴症に対する評価を強く争っていました。
改めてカルテを精査し、さらにご依頼者様の事故前後の稼働内容等について、追加資料を提出するなどした結果、最終的には相手保が当初主張していた額の4倍強の示談金を獲得するに至っています。
この事案は早期にご相談いただけたことで治療から後遺障害の申請まで全面的にサポートできました。
耳鳴り症は逸失利益に対する評価が困難な場合も多いことや、整形外科と違い、耳鼻科の医師は交通事故外傷に慣れていない場合もあること等、専門家が介入することが望ましい事案と考えられます。
事故の対応に困ったときは、まずは弁護士に相談してみることをお勧めいたします。

福岡支部の解決事例一覧はこちら