メニュー

交通事故弁護士

多額の既払金と過失相殺がある中、約130万円の増額を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

多額の既払金と過失相殺がある中、約130万円の増額を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号(認定済み)
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
右鎖骨骨折
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約95万円 約225万円 約130万円の増額

事案の概要

本件は、路外駐車場からの右折進出車両が、当該道路を直進していたご依頼者のバイクに衝突したという事案です。
ご依頼者様は頚椎捻挫の他、右鎖骨骨折の傷害を負い、事故当初と抜釘手術を併せて約3週間の入院を余儀なくされています。
ご相談時、すでに後遺障害等級14級9号が認定済みであり、相手保険会社からの賠償額提示も受けておられましたが、その金額の妥当性に疑問を持ち、弊所にご依頼いただいた次第です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件は、ご依頼いただいた時点で、労災給付を含めた既払金が約500万円(治療費約290万円、その他給付約210万円)あり、過失相殺も考慮しなければならない事案でした。
限られた増額幅をなるべく多く実現するため、診断書類等の資料を丹念に検討するとともに、ご依頼者様が怪我や後遺障害によってできなくなった業務内容を聴取し書面化しました。
これら準備をしっかりとした上で相手保険会社と交渉をした結果、当初提示額から約130万円もの増額を獲得することができました。
過失相殺や既払金を控除する前の賠償金総額としても800万円を超えており、後遺障害14級9号の事案としては比較的高額な部類の解決例と考えられます。

福岡支部の解決事例一覧はこちら