交通事故弁護士

購入から年数が相当経過していた自転車について賠償額を獲得した事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

購入から年数が相当経過していた自転車について賠償額を獲得した事例

争点:
物損
対応事務所:
名古屋支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
自転車の賠償金額 0円 2万円 自転車の損害賠償が認容

事案の概要

自転車に乗っていらっしゃったご依頼者様は、出合い頭に自動車に接触されてしまいました。その際に、乗っていた自転車が破損してしまいました。 当該自転車は、ごく普通のシティサイクルで、事故の約7年前に2万円程で購入されたものだったため、保険会社は当該自転車は無価値であるとして、賠償金を支払わない意向を示していました。

弁護士法人ALG名古屋支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

確かに、自転車は、購入額も少額であることが多いうえ経年劣化していくので、いざ事故時の価値を出そうとしても、市場的にはほぼ無価値とされることが多いです。
しかし、ご依頼者様は、大切に乗っておられた自転車が破損し、乗れなくなってしまったにもかかわらずその賠償が全くされないのは納得されませんでした。

そこで、担当弁護士は、ご依頼者様が事故後新たに購入された同タイプの自転車の購入価格(3万円弱)を、ご依頼者様に生じた損害として主張しました。新品購入費を損害と位置付ける裁判例も添付しました。
すると、全額とはいきませんでしたが、購入価格のうち2万円が損害として認容されました。
少額の物損は、保険会社が支払いを渋ることもありますが、そこで諦めず粘り強く交渉した結果です。

名古屋支部の解決事例一覧はこちら