交通事故弁護士

訴訟手続きをとることなく相手方に信号無視を認めさせることができた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

訴訟手続きをとることなく相手方に信号無視を認めさせることができた事例

争点:
過失割合
対応事務所:
名古屋支部

事案の概要

本件事故は、信号機のある交差点における出会い頭の事故でしたが、ご依頼者様と相手方が双方の赤信号無視を主張して過失割合が問題となった事案でした。

弁護士法人ALG名古屋支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当職は、ご相談を受けた際に信号機の色が争点となっていたことから訴訟により事実関係を確定することが必至となる事案だと考えました。

ところが、事故態様に関する証拠を収集するため本件事故に関する刑事記録を取得したところ、相手方が捜査機関の取り調べに対し赤信号を無視していることを認めていたことが判明しました。

上記の内容を記載した供述調書の写しを相手方に示すことで、訴訟手続きをとることなく相手方に信号無視を認めさせることができ、ご依頼者様が無過失という内容での示談が成立しました。

名古屋支部の解決事例一覧はこちら